7月ブログ特集『ブルンジ・ウガンダ事業』②

こんにちは
インターンの内藤です!


本日、京都はあいにくの雨。
雨が降るととてもじめじめしますね
早く梅雨があけて、からっとしてほしい!!

さて、本日は前回の続きをいきたいと思います。
前回は、インターンの米田が
『ブルンジ・ウガンダ事業特集』第一弾ということで、
当会がなぜ、ブルンジで事業を始めたのかについて書きました^^
(まだご覧になられていないかたはこちらより→http://goo.gl/hE5s4B

今日は、当会がブルンジでどのような事業を行っているのか
その中で、大切にしていることは何かについてお話ししたいと思います。


******************************
2013年、事前調査を終えた当会は、
『ブルンジにおける元子ども兵及び紛争被害者自立支援センター住民参加型建設プロジェクト』を開始しました。

これから当会がブルンジで元子ども兵紛争により被害を受けた人に対して
自立・社会復帰支援を行っていくための施設を
その地域の住民と協力しながら建設するプロジェクトです。


PA152042.jpg


こちらが完成時の写真です。

IMG_7148 (1)


この施設は
株式会社オンズホールディングスさまの尽力により完成することができました。


そして、この完成した施設において
2015年4月より養蜂技術の訓練を始めております。

ブルンジで養蜂?!と思う方もいるかもしれません。

なぜ、養蜂なのか。
それはブルンジでは、ハチミツは昔から薬として重宝されてきたのです。

『その土地にあるものを活かす』
テラ・ルネッサンスが大切にしている視点です。

途上国で活動する際は、まず現地で
どのようなニーズがあるのかを探すと思います。
例えば、水がない、食料がない、技術がない、など。
そのニーズを満たすことも重要ではありますが、
同時に、対象地域や対象者が持っている
多様なチカラ(リソース)を活かすことを当会は大切にしています。


IMG_0016.jpg


こちらが完成したハチミツ、『アマホロハニ―』です。
当会の広報・ファンドレイジングチームマネージャー兼デザイナーである小田が
ブルンジに訪問し、現地住民とともにワークショップを通して
デザインを作り上げました。

アマホロとは
ブルンジの言葉で『平和』という意味です。

このハチミツには、
平和を願う彼らの想いが込められています。

そして、このハチミツ、
ただのハチミツではありません!
日本のハチミツと比較しても糖度が非常に高く、質の高いものとなっています。
私も試食してみましたが、
濃厚な甘さとフルーティな花の香りがして、とても美味しかったです

昨年、試験的に販売したハチミツはすべて完売!
現地住民からは
「もっと買いたい」
「今年のハチミツはいつ発売するんだ!」
「なんで在庫がないんだ!!」
など、
嬉しいお声を頂いているようです\(^o^)/

先週、今年の初採蜜を終え、
今年度は販売に力をいれていく予定です。

また、養蜂技術訓練の実施と同時に、
窯業技術訓練の開始に向けても準備を進めております。

IMG_4942 のコヒ_ー

(省エネ窯建設中の様子)


養蜂だけでなく、窯業などを通して
コミュニティの収入を多様化し、
さらに、地元の人々が心に誇りを取り戻してほしいと願っています。


長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
これで、ブルンジ事業の特集は終了です。


次回からは、ウガンダ事業の特集をしていきます!
どうぞ、おたのしみに


(ないとう)


スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク