7月ブログ特集『ブルンジ・ウガンダ事業』

皆さん、こんにちは〜!!

京都は梅雨開けから、うだるような暑さが続いています。
それにしても暑いです。溶けてしまいそうです。

今日は特集日!!

1週目、2週目はブルンジ事業
3週目にウガンダ事業をお伝えいたしました。

それに引き続きウガンダ事業第2弾をお伝えいたします。

先日はウガンダの子ども兵についてお伝えいたしましたが、
これに引き続き、当会のウガンダという国とウガンダの事業についてお伝えします。

ウガンダはアフリカ大陸最大のビクトリア湖と世界最長のナイル川を有しています。
またウガンダの国土の多くは高山地帯に位置しており、赤道直下でも年間を通して
温暖で比較的過ごしやすい気候となっています。

また、雨期(3〜5月、11月〜12月)と乾期が交互に訪れ、
ウガンダには世界自然遺産に登録されたブウィンディ原生国立公園
ルウェンゾリ山地国立公園など豊かな自然が広がっています。



世界遺産・ルウェンゾリ山地国立公園-720x540
(写真1:ルウェンゾリ山地国立公園 参考:http://worldheritagesite.xyz/africa/uganda/)

世界遺産・ブウィンディ原生国立公園
(写真2:ブウィンディ原生国立公園 参考:http://worldheritagesite.xyz/africa/uganda/)


このように植生が豊かであるウガンダをかつて
イギリスのウィンストン・チャーチルはアフリカの真珠(Pearl of Africa)
と称したことでも知られています。

こうした希少動物を狙う密猟や森林減少、人口増加など自然とどのようにして共生していくかということが
ウガンダの抱える課題の一つとなっています。

こうした一見、豊かな自然に囲まれ、平和な国に見えるウガンダですが、

政治的、武力的な対立の中で、子ども兵が戦地に送られ、
戦地での情報伝達、荷物運搬、戦闘行為に関わり、目を覆いたくなるような事実ですが、
地雷原を歩かせて地雷を爆破させる地雷撤去装置、または戦場において
大人兵士の弾避けとして使われたり、性的虐待を受けるなど
大人兵士の「使い捨ての消耗品」として扱われるといった状況を経験した子どもたちがいるのです。


このような扱いを受けた子ども兵の社会復帰のために
【ウガンダ】授業の様子

①暮らしの保証のために契約店で使用できるクーポン券を配布するベーシックヒューマンニーズ支援活動
②受益者が収入向上活動を始めるための職業訓練や識字、計算能力向上のための能力支援向上活動
③個別カウンセリングとグループカウンセリングのクラスを開講し受益者の悩みやトラウマを解決する心理社会支援活動
④収入向上支援活動を始めた際にビジネスに関する相談を行う収入向上支援活動

などテラ・ルネッサンスは活動を続けています。

テラ・ルネッサンスはウガンダの子ども兵及び貧困に喘ぐ人々の傷を軽減しより一層の支援を行っていきます。


(こばやし)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク