村人がつくる、村の未来

みなさまこんにちはー!
インターンの米田です♪(/・ω・)/ ♪

今日8月9日は、71年前、長崎県に原爆が落とされた日。

今朝の京都事務所での朝礼では、長崎出身の職員から、
長崎や広島の小・中学校、高校で、毎年どのように
この日を迎えているかを伺いました。

教育の場で、平和を伝えていくことの大切さを考え直し、
学校での講演の機会も多いテラルネの、平和教育活動の意義を
あらためて感じました。

本日のブログは「カンボジア・ラオス特集第2弾」


カンボジアで行っている事業の1つ、
小学校建設」についてお話したいと思います


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

前回の記事で、岡本から、地雷被害にあったものの
素敵な笑顔を取り戻したカンボジアの男性、スー・マウさんのお話を紹介しました。
(http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-date-20160806.html)


その種類の多さ、埋蔵数の多さから
「地雷の博物館」とも形容されるカンボジア。

テラ・ルネッサンスは、そんなカンボジアでの事業の一環として、
地雷や不発弾の埋設地域で、図書館や小学校の建設を行っています


今回ご紹介するのは、2008年3月から7月にかけて行われた、
「穂高小学校建設プロジェクト」
株式会社穂高住販さんからご寄付をいただき、実施されました。

地雷埋設地域では、地域開発の遅れから
小学校の環境整備さえされていない村が多く見られます。
また、その村の家族のほとんどが最貧困層に属しています。

そのため、小学校に通えていない子どもが多く存在します。

穂高小学校が建設された、サムロン・チェイ村もそのような村のひとつでした。

このプロジェクトの特徴は、
住民参加型の建設法をとった、という点。

どういうことかというと、
建築家や、専門家以外の建設労働者として 村の最貧困層の住民を雇い、
働く機会を提供することで、村の貧困削減にも取り組んだのです

小学校が完成してからも、
「自分達が建設した学校」という愛着が村人の中に生まれ、
小さな修理やメンテナンスなどを、自分達で管理してもらえます


村の将来を担う子ども達に教育の機会を提供する小学校を、
村人自身の手で作ることができたプロジェクトでした。

穂高小学校 039修正


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平和な社会をつくる第一歩となる教育。
その実践の場である小学校を自分達の手で作れたことは、
村人たちにとっても大きな自信につながったのではないでしょうか。

テラ・ルネッサンスが大切にする「自立と自治」の考え方が、
このプロジェクトを通して知っていただければと思います(*´v`)

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

(よねだ)

スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク