1%に満たない微力を積み重ねるラオスの不発弾撤去


【 ラオスレポート/2016年10月_Topics.01 】
ー 1%に満たない微力を積み重ねるラオスの不発弾撤去 ー


 
ラオス、シエンクアン県で活動する
不発弾撤去団体MAG-Laoの第31不発弾撤去チームに、
株式会社ISPGの上杉さまより資金提供を受けて、今年8月から活動を開始しています。




15036191_1441789552516223_8500735116330550776_n.jpg




先月、2016年9月分の活動成果の報告がMAG-Laoより送られてきました。


 
撤去活動はシエンクアン県パーサイ郡ラットセン村(人口:454名)で順調に進み、
9月だけで37発の不発弾を撤去し、74,375㎡の農地を安全にすることができました。


 
これによって8月からの累計115,000㎡が安全になり、
撤去できた不発弾の数も40発になりました。
このラットセン村での撤去活動はほぼ終わり、
これから別の村にチームは移動して、撤去を進めていくことになります。


 
 
シエンクアン県では、不発弾で汚染されている土地の
まだ1%に満たない土地しか撤去が完了していません。


 
毎月の撤去できる土地は、汚染された大地の100%の完全撤去を考えると、
本当に小さな一歩かもしれませんが、微力は決して無力ではありません。


 
この小さな成果をできるだけ多くの皆様に知っていただき、
このラオスの“現実”から、私たち人間がこれから先、
どんな未来をつくっていくのか考えてほしいと思います。



15137493_1441789525849559_5239492277479979054_o.jpg



 
………………………
記事執筆/
アジア事業担当
江角 泰

スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク