地雷原を希望に変えるために・・・地雷原観察

【 カンボジアレポート/2017年1月_Topics.02 】
ー 地雷原を希望に変えるために・・・地雷原視察 ー
 
テラ・ルネッサンスと同じ地雷廃絶日本キャンペーンの所属団体である
リズムネットワークの上井さん、米子さん、北海道から高貝ご夫妻の4名が、地雷原を視察されました。
 
カンボジアレポート②


提携するMAGの活動するサムロート郡の地雷原では、
当初地雷探知犬チームが派遣されていました。
しかし、順調に半分の地雷原の撤去作業を進めていった探知犬チームは、
地雷原のなかほどで、地雷が無数に帯状に埋められた場所に突き当たります。
 
火薬の匂いで地雷を探知する地雷探知犬は、
地雷の数が少ないと効率的に早く作業できますが、
地雷の数が多いと火薬の匂いがありすぎて、逆に混乱してしまい作業できなくなります。
 
そこで、次に派遣されたのは手作業での地雷撤去チーム。
現在最新の金属探知機では、反応する音で
金属片なのか地雷や爆発物なのかがある程度分かります。
 
 
この地雷原は、近くの丘の上に部隊を駐留させていたベトナム軍や政府軍が、
クメール・ルージュ軍から守るために周辺に地雷を埋めていました。
そして撤去を進めると、この地雷の帯は古い道に行き当たります。
 
この古い道には、対戦車地雷が埋められていると推測されます。
このあたりには金属の多く含まれるラテライトという土壌があり、
金属探知機に土壌が反応してしまい使えないため、機械も使って撤去をしていました。
 
しかし、この機械も対戦車地雷のあるところでは、大きく破損してしまうので使えません。
最終的にはネメシスという昨年1年間テラ・ルネッサンスが
運営費を提供していた機械チームで使われた機械が、
最後の役目としてこの対戦車地雷があるかもしれない地雷原で活動します。
 
この機械は遠隔操作で動かすため、万が一、
対戦車地雷を踏んでも機械は壊れてしまいますが、作業する人は安全です。
 
 
地雷原は、非常に複雑でさまざまな要素を考えて、
最適な手段で作業をしていかなければなりません。
この暑い日も防具やヘルメットをつけて作業をされているスタッフには頭がさがります。
 
前日に別の地雷撤去団体で撤去作業中に事故があり、
1人が亡くなり、もう1人が重傷を負われたばかりで、安全にこれからも作業を続けてほしいことを伝えました。
 
カンボジアレポート


-その他のメッセージ-
 
人々の平和への願いは、どこでも一緒です。
それを実現していくために世界中の人と関わり、思いを寄せ、手を繋いで、歩んでいかなければいけません。
ただ、希望のために。
 
………………………
記事執筆/
アジア事業担当
江角 泰
 
 
ーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーー
 
あなたの“想い”で選べる募金 - アジア -
 
『 地雷原の村で貧困の悪循環を断ち、
  子どもたちの未来をひらきたい  』
 
▶ホームページはこちら
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_ajia.html
 
…………………………………
 
*アジア地域に寄付をする*
 
▶クレジットの方はこちら
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
▶銀行振込の方はこちら
https://www.terra-r.jp/member/ginkou-form.html
 
 
※ 寄付の申込みページ内にある 寄付指定 の項目を、
【 アジア 】で選択のうえ、お申込みください。
 
ーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーー
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク