省エネ窯での生産が始まりました!!

【 アフリカレポート/2017年4月_Topics.02 】
ー 省エネ窯での生産が始まりました!!ー


ブルンジの主要な産業はコーヒーと紅茶で、多くの国民はこうした換金作物を栽培して生計を立てていますが、一人当たりのGDPは世界最下位。加えて、人口密度がアフリカで最も高く、農民たちが利用できる土地は限られており、自給用の食料は十分に確保できず、不安定な収入源に依存して最低限の暮らしを強いられています。

特に、私たちが活動している村々は、粘土質の土地が多く、耕作面積もさらに限られているため、いくら換金作物を栽培しても、一年の間で必ず現金が不足する時期があり、そうなると子どもの学費どころか、必要最低限の食料や医療品さえも手に入れられない状況にありました。

しかし、この地域にある粘土は、窯業用の粘土として非常に質にいいものであることがわかりました。そこで、省エネ窯を作り、一見、役に立たないと思われがちな土地の粘土を活用して、レンガや瓦、陶器類を生産・販売するための支援を昨年から行なっています。

そして、ついに、ここの粘土を使って、省エネ窯で焼いた製品が生産されるようになりました!!

アフリカ月次(170528)02

写真に写っているのが、省エネレンガと瓦です。窯の温度調整もうまくいき、硬くて立派な瓦とレンガが出来上がっています!!

アフリカ月次(170528)01


…………………………
記事執筆/
ブルンジ事務所
小川真吾
 
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク