9年間8分に1回爆撃を受け続けた国/インターン滞在記⑭

ご無沙汰しております!
カンボジアから、インターンの川島です。
今日も子ども達が可愛いです

1_20170601174934ce3.jpg
(車で遊ぶ子ども。車に写る顔が変形して面白いらしい)

今日は、カンボジアから少し離れてお隣の国、
ラオスについてお伝えさせてください。

先日話題になった、
こちらのニュースはご覧になられましたでしょうか?

クラスター爆弾製造・・・日本が投融資1位(TV朝日news)

カンボジアと国境を接して北側に位置する
ラオス人民民主共和国についての記事です。

3

要約すると、
日本企業がクラスター爆弾開発のために
合計2200億円という巨額を融資している
というものです。

ラオスは、ベトナム戦争中1964~1973年
9年間ずっと、8分間に1回爆撃を受けていた国です。

なぜか?
ラオス南東部からカンボジア東部にかけて
北ベトナムの補給路であるホーチミンルートが通っていたからです。
次のような事実を、皆さんはご存知でしょうか。


9年間で、爆撃機の出撃数は58万回以上
・世界一と言われる200万トン以上の爆弾が落とされた
・当時のラオスの人口を鑑みるとニ、1人あたり1トン以上の爆弾
・9年間、8分に1回の割合で24時間休みなく爆撃を受けた計算
・米軍はラオスが中立国であることを理由に否認
・この爆撃は「秘密の戦争」とも呼ばれている



クラスター爆弾とは、1つの親爆弾の中から無数の子爆弾がばらまかれる形式の爆弾のことをいいます。
英語のclusterとは「ぶどうの房」の意味で、一つの房にたくさんのぶどうの実がついていることを表しています。

2_201706011749328ea.jpg
(参照:認定NPO法人テラルネッサンスHP


第二次世界大戦時の本土空襲にてアメリカが日本に投下した
「焼夷弾」もクラスター爆弾の一種です。

ラオスでは、ぶどうの実のような形の子爆弾を
子どもがボールと間違えて投げてしまい爆発する、
という悲しい事故もたくさん起きています。

ベトナム戦争終結後、約40年。
未だにラオスの不発弾撤去率は1%にすぎません。



こんなクラスター爆弾ですが、多くの人達の努力と情熱によって、
2008年にオスロ条約(クラスター爆弾禁止条約)が締結されました。
日本もかつてはクラスター爆弾を製造していましたが、この条約を批准し、
2015年2月10日、外務省がクラスター爆弾の廃棄を完了を発表しました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_001772.html


今回のニュースは、
日本人が間接的にクラスター爆弾の製造に関わっている
ということを教えてくれています。
それは、私たちが貯金したり利用している銀行が、
クラスター爆弾製造企業に投資しているからです。

誰だってこの企業に頼らずに生活するのは難しいかもしれません。
アルバイトや仕事の給料の振込先が指定されているから、
仕事や育児が忙しくてそんなこと考える時間がないから、
間接的に関係しているとしても自分の問題ではないから・・・。

かくいう私も、
ニュースの中で名前があがっている銀行のクレジットカードを使っています。

このままクラスター爆弾が製造され続けて、
戦争でそれが使われて亡くなる人がいても、
私には何の影響もないかもしれません。

でも、私はちょっと、いやかなり、嫌だなって思います。
それに、利用してるからこそ、
自分の選択で企業が変わるかも、と思います。

じゃあ私にできることは何なのか。

考えてみて、次の6つにまとめてみました。
一つでもご参考にしていただけましたら幸いです。
これを機に自分の銀行口座も考え直そうと思います。

-----------------

①クラスター爆弾に関する書籍を読んでみる
漫画/ラオスからのメッセージ

②イベントに参加してもっと詳しく知る
6/14 認定NPO法人アーユス「対人地雷・クラスター爆弾なき世界へ」

③テラ・ルネッサンスに寄付をする、会員になる
1000円が不発弾撤去技術者の1日の給料に

④貯金している銀行を見直す
銀行の社会性を、まるっと格付け/Fair Finance Guide Japan

⑤近くの人に「クラスター爆弾って知ってる?」と話しかけてみる

⑥自分にできることしたいこと、5分だけでも考えてみる

-----------------

最後に、私はクラスター爆弾製造メーカーに投資している企業が必ずしも悪いとは思いません。それらの企業も私たちの生活になくてはならない役割を果たしてくれていると思いますし、素晴らしい企業への投資も行っていると思います。多くの雇用を生んでいます。またその企業で働いている方々が、みんなクラスター爆弾製造に賛成しているとも思えません。

だからこそ、
そういった企業を利用する私たち一人ひとりの選択が重要なのだと思います。

そしてきっと、
このブログを読んでくださったあなただからこそできることが、
必ずあると思います。
私たちには、一人ひとりに、未来をつくる力があるからです。


少し長くなってしまいました。。
それでは本日も、よき一日をお過ごしください

(かわしま)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【180万人を超えた南スーダン難民ー緊急支援へのご協力をお願いします】
http://www.terra-r.jp/south_sudan.html

世界で最も「若い国」南スーダン。
2013年12月紛争勃発、昨年7月の首都ジュバにおける
大規模な戦闘をきっかけに紛争が再燃しました。

日本の自衛隊が先月から撤退を始める一方で、
故郷を追われ周辺国へのがれた難民の数は現在では180万人を超えています。

今この瞬間も、あなたの力を必要としている人がたくさんいます。
できる範囲でのご協力、どうぞよろしくお願いいたします。

>詳細・ご寄付はこちらから
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク