トレーニング1日目/インターン滞在記⑰

チョムリアップスオー!
カンボジアから、インターンの川島です。

今日はアパートのwi-fiの調子がおかしく
さらに今停電してしまいました・・・。

私が住んでいるアパートは自家発電機を備えているので
もう少ししたら明るくなるはずですが・・・
ここがカンボジアだということを再認識する日常の一コマです。


それでは前回に続き、
鶏・アヒル飼育のトレーニングに
ついてお伝えさせていただきます!
>プロジェクト詳細はこちらから

6/6に実施したトレーニング1日目。
約2時間半にわたって
アヒルの歴史や種類、飼育に必要なもの、
食べ物などについて学びました。


まずはプロジェクターを準備します。
スクリーンは白いシーツで代用。

1_2017060823165138b.jpg


準備が完了したら、
改めてサリー先生からの自己紹介。

2_20170608231641322.jpg


次に、2人が何を学びたいのか、
この訓練に何を期待しているのか、
模造紙に書きだしてもらいます。

3_20170608231652693.jpg

【期待すること】
1、新しい経験
2、鶏とアヒルの食べ物について
3、餌の作り方、世話の仕方についての知識
4、病気の予防、治療の仕方
5、これらをはっきりと理解すること


次に、先生からの講義の前に
飼育を成功させるために必要なものと
成功しないのはどんなときかを考えてもらいます。

Honさんは、以前牛とヤギの飼育訓練も受けており、
率先してペンを持って書いてくれ頼もしいかぎりです。

4_20170608231643a92.jpg

【成功するためには】
1、小屋の準備
2、最初にいい鶏とアヒルを選ぶこと
3、よく世話をすること
4、餌と水を十分に与えること

【成功しないとき】
1、眠る場所がよくない(=小屋がない)
2、最初に買った鶏とアヒルがよくない
3、餌と水が十分でない
4、技術不足
5、世話をしない
6、知識不足


次に、今考えたことが本当かどうか、
先生から一つずつコメントしていきます。

5_20170608231653225.jpg


2人の先生いわく、アイデアが頭の中にあれば、
あとはそれと照らし合わせながら学んでいけばよいので
理解がより早まるとのこと。

短期間で技術を身につけてもらうために
なかなかしっかり考えられています。


自分の頭で考えたあと、座学スタート!

6_2017060823164680d.jpg

・アヒルの歴史、種類
・必要なもの
・食べ物

についての講義です。
食べ物は、どの食べ物がどれだけのエネルギーがあるか、
クイズ形式で講義していいました。
答えは明日発表です。

私も翻訳してもらいながら一緒に学んだのですが、
・アヒル飼育の歴史は1000年前にさかのぼる
・南アフリカ、中国、イギリスが起源のアヒルがよく飼育されている
など、知らないことだらけでとても面白かったです。


そして1日目終了!

7_20170608231638816.jpg


2人の村人は、
時にメモを取り、時に質問をしながら熱心に学んでいました。

迎えに来てくれた他の村人のバイクに乗って、
ロカブッス村へ帰っていきます。

ちなみにカンボジアでは、これがふつうの光景です。
すごいときには4~5人が一台のバイクに乗っています。
警察官である私の父が見たらさぞ驚くことでしょう。

8.jpg


アヒルの基礎的なことを学んだ1日目。
明日は2日目についてお伝えいたします!
どうぞお楽しみに

本日も、素敵な一日をお過ごしください♪

(かわしま)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク