中学生でもできる政策提言~ストップ!児童労働キャンペーンとは~

中学生でもできる政策提言~ストップ!児童労働キャンペーンとは~


テラ・ルネッサンスの活動には3本の柱があります。海外現場での国際協力、日本などでの啓発活動、そして政策提言です。今日はその政策提言の事例も交えながら、誰でもできる参画方法についてお伝えします。


テラ・ルネッサンスが取り組む「子ども兵」の課題。その存在は、「最悪の形態の児童労働」とも呼ばれています。世界に少なくとも25万人の子ども兵がいる背景には、子どもでも使える小型武器の拡散や、子どもが徴兵されたり、無理やり兵士にさせられたりしている現実があります。

テラ・ルネッサンスは、この解決に向けて、武器の取引を規制する武器貿易条約(ATT)や、児童労働を規制する条約を推進する活動も行っています。今日は、後者の児童労働の規制について、テラ・ルネッサンスが加盟している「児童労働ネットワーク」の活動を紹介します。


レッドカードアクション


現在、同ネットワークは7月まで、「ストップ!児童労働キャンペーン2017」を実施しています。「児童労働反対」の意思表示として、レッドカードアクションの参加を促し、加盟団体それぞれが関連イベントを実施しています。2016年には、キャンペーンとして厚生労働省に「ストップ!児童労働 50万人署名」を提出し、企業がサプライチェーンの児童労働にも関心を払うよう、政府として国際スタンダードの周知や啓発を行うことなどの要請を行いました。

政策提言は、賛同する人がいて、行動する人がいて、一人ひとりの声が束となり、仕組みを変えていくものだと私は思います。中学生でもできる政策提言活動。それは自ら調べ、状況を知り、署名などを通して自らの意思を表明するということです。ぜひ、「ストップ!児童労働キャンペーン2017」のサイトを覗いてみてください。一緒にアクションを起こしていきましょう。

関連ホームページ
http://stopchildlabour.jp/2017/

…………………………………………
記事執筆/
ARチームマネージャー
栗田佳典

※ARとはアウェアネス・レイジング(awareness raising)の略。これまでの啓発事業の呼び名を、「当会との出逢いを通して、気づきや変化のきっかけを作り、育んでいく取り組み」と捉え、2017年度より名称を変更しました。
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク