「地道に愚直に」

2017年度・夏季募金のテーマは「仕事」
テラ・ルネッサンスでは15年間の活動の中で、たくさんの地雷被害者や貧困家族が自立のために知識を得て、自分の足で未来に向かって一歩一歩力強く歩いています。

夏季募金終了まであと19日。
8月、アジア、カンボジアの「働く人」。
第8回目の今回は「地雷撤去」



S__29106252.jpg


スオン・バン・センさん、38歳。
3歳、7歳、10歳の3人息子を持つお父さん。

彼の仕事は「地雷撤去」。
約8年間、MAGの機械チームで働くベテラン操縦士です。

前職で機械を操縦する仕事をしていたスオンさんは、
地雷を効率よく撤去するために、遠隔操作で機械を使って灌木を除去する作業を担当しています。
「自分の技術を活かして地雷撤去活動に貢献できることにやりがいを感じる」と話してくれました。


DSC_4624-1.jpg
(スオンさんが操縦する地雷撤去のために灌木を除去する機械ボブキャット)


働いていて嬉しいことは、仕事が終わって家に帰るとき。
ドナーが応援してくれていて、現場まで足を運んでくれるとき。

MAGでは地雷撤去の作業中は村に泊まり込んで活動しており、
20日間働いたあと、10日間の休暇をもらえます。
いつもは会えない家族とゆっくりできる時間です。
ここにも、家族のために頑張って働いている優しいお父さんがいました。

※MAG(Mine Advisory Group)とは、イギリスのNGO。
カンボジアでは1992年から活動しており、テラ・ルネッサンスはMAGの1チームに
資金提供するという形で地雷撤去を行っています。


S__29106255.jpg
(地雷原の様子)


最近では、地雷への関心が薄れ全体的に資金が減っているものの、
撤去効率や面積はどんどんあがっています。
これは技術の進歩と、現場のスタッフの弛まない努力の成果です。


インタビューをした日、私は初めて地雷原を訪れました。
地雷に関する知識は持っていたものの、
いざ自分の足で地雷原を歩き、
目の前で爆破処理を見ると、
心臓がぎゅっとつかまれました。

30m離れていたのに爆破処理の音は想像以上に大きかったし、
プロテクターは想像以上に重く、太陽はじりじりと暑かった。
汗はとまらないし、いつもみたいに自由に動けない。
足場はわるいし、まわりには地雷が埋まっているかもしれない土地。
そんな土地に村人がお米を育てていた跡が残っている。



(灌木を除去し、見つけた地雷を爆破処理している様子)



カンボジアでは、内戦中地雷が無作為に埋められたため、
どこに地雷が埋まっているかという地雷マップがありません。
村人から情報を集め、地道な調査を積み重ねることで、
やっと地雷撤去作業をはじめることができます。
そうしてはじめる撤去作業も、途方もなく地道な作業です。


今回の地雷原訪問とインタビューを通して、
地道なことの積み重ねでしか、平和は実現しないんだ、
という当たり前のことを改めて感じました。

それは逆に言えば、一人ひとりの地道で愚直で継続的な取り組みが、
世界平和を実現することにつながるとも言えます。


地雷を埋めたのは人間です。
一つひとつの地雷に、敵を倒したい、この戦いに勝ちたい、やらなければ自分が殺される、いろんな悲しい想いが込められたでしょう。

けれどもまた、地雷を取り除き処理することができるのも人間です。
一つひとつの作業に、これ以上犠牲者を出したくない、平和を取り戻したい、家族を支えたい、いろんな優しい想いが込められています。


私が地雷を作って埋めたわけではありません。
けれども私は知ってしまいました。
今も地雷で苦しんでいる人がいて、未だに地雷がたくさん埋まっているという現実を。
地雷を埋めた悲しい歴史がある一方で、こんなにも優しいカンボジアという国の人々を。
だから、私は自分にできることをしたいと思います。


そしてどうか、皆さんのお力を貸していただけないでしょうか。
地雷が埋まっていない土地で、みんなが笑顔で安心して暮らしている世界を見てみたくありませんか。
つながりが見えづらくても、カンボジアの平和は、まわりまわって必ず日本に返ってくると思います。

私一人が寄付してもたいした額じゃないし・・・と思われるかもしれません。
でも、たった一人の行動が余波を生んで、大きな大きな運動になることだってあります。
テラ・ルネッサンスを創設した鬼丸昌也のように。
インド独立の父ガンジーのように。


その一人に、皆さんもなっていただけませんか?
テラ・ルネッサンスの活動に、寄付という形で、ご参加いただけましたら幸いです。



記事執筆/
カンボジア事務所 インターン  川島 綾香


寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html

「地道に愚直に」
地雷の恐怖にさらされることなく
すべての生命が安心して生活できる社会を実現させたい。

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください
http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えばあなたの一歩でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。
また、100㎡の土地の地雷撤去を支援できます。

30,000円の寄付で、
コンゴで元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 8/9時点)>

・目標人数:400 人
・寄付者数: 179
・達成率  : 45
・残り日数: 22 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスと一緒に活動する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク