武器貿易条約(ATT)ポリシー・アップデート

【武器貿易条約(ATT)ポリシー・アップデート】
ポリシー・アドバイザーの榎本です。ATTについて、締約国が提出する年次輸出入報告書の期限が、5月末に迫っています!
「コントロール・アームズ」などのNGOは、日本を含め提出義務がある国に対して、期限までに詳細な内容の報告書を提出したうえで、報告書を必ず公開するよう求めています。
 
【年次輸出入報告書とは?】
ATTにおいては、毎年5月末に、前暦年の自国の武器輸出入に関する報告書を提出することになっています。
 
【年次輸出入報告書の提出義務がある国とは?】
今年5月末の時点でのATT締約国数は92か国になる見込みです。しかし、全ての締約国に年次輸出入報告書の提出義務があるわけではありません。
今年5月末に年次輸出入報告書の提出義務があるのは、2015年12月31日までに自国に対してATTが発効した75か国に限ります(日本を含む。この75か国のうち、今年から新たに年次輸出入報告書の提出義務が生じた国は、12か国です。
 
【昨年の提出状況は?】
2016年5月末までに年次輸出入報告書を提出する義務があったのは63か国でしたが、そのうち予定通りに提出したのは34か国でした。残りの29か国のなかには、日本のように遅れて提出した国もありましたが、いまだに未提出の国もあります。
 
【「コントロール・アームズ」などのNGOが求めていること】
● 今年5月末までに年次輸出入報告書の提出義務がある全ての国は、提出期限を守って報告書を提出してください。
● 報告書は、大雑把に記入するのではなく、どの兵器がどのくらい、どの国からどの国に移転されたのかが明確・詳細に識別できる書き方にしてください。
● 「国家安全保障にかかわるから、この兵器の移転情報は報告書に記載しない」などと、一部の情報を秘密にしないでください。
● 報告書に記載する「小型武器・軽兵器」に該当する兵器の種類を、勝手に狭く解釈しないでください。国連の銃器議定書やITI(International Tracing Instrument)に記載されている種類の兵器も含めるようにしてください。
● 報告書は、公開してください。昨年はスロバキアが年次輸出入報告書を非公開にしました。NGOの要請を受けて、スロバキアは今年提出する報告書は公開にするとのことです。必ず公開するようにしてください。
 
【写真】
2015年の第1回ATT締約国会議にて、報告書を公開にすることを求める「コントロール・アームズ」関係者。(C) 2015 Control Arms

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

Post a comment

Private comment


Facebook
Twitter
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク