「仕組み」を変える政策提言


◇◆ アドボカシー全6回企画:第6弾 ◆◇
 
テラ・ルネッサンスの活動の3本柱。それは海外現場での国際協力、日本などでの啓発活動、そして政策提言です。
 
6月から全6回にわたって、その「政策提言」における当会の職員の考えを掲載しています。
 
最終回は、カンボジアで活動を行う延岡 由規が「『仕組み』を変える政策提言」について、お話しします。
 
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

こんにちは、海外事業部の延岡です。 今年4月から職員になり、カンボジア事務所に駐在しています。

カンボジアは、1960年代に勃発したベトナム戦争に巻き込まれて以来、

およそ30年以上に渡る戦闘状態が続いた国です。

この時期、あらゆる派閥から様々な武器が流入しました。


私たちが村落開発支援事業を実施している、対象地域のひとつ プレア・プット村でも、

つい2ヶ月ほど前に1発の不発弾が見つかりました。

生活圏内の地雷撤去が完了したとは言え、山の上や茂みの中には未だに脅威が残り続けているのが現状です。


また、内戦時代にはおびただしい数の自動小銃も流入し、

これが普通の子どもを「兵士」として駆り出すことを容易にしました。

有名なものは、旧ソ連製の「AK47」(通称:カラシニコフ)です。


その性能の高さから広く普及し、改良品や模倣品などを含めて完成から70年経った今なお、

AK47は世界各地の紛争やテロ行為に使用されています。

2017年10月1日にアメリカ ラスベガスで起こった銃乱射事件の容疑者も、

AK47と同型の銃を所持していたことが明らかになっています[注1]。


AK47の設計者である故ミハイル・カラシニコフ氏は生前、このように語っていたそうです。

「祖国を守るために銃を作っただけだ。AK47のせいで人々が死んでいる原因は政治家にある」[注2]

そして、AK47系統の小型武器が不正に使用されていることをいつも懸念していたカラシニコフ氏は、

より厳しい武器貿易規制を支持していました[注3]。

武器貿易規制の必要性を、AK47の設計者である彼自身が訴えていたのです。


国際的な武器の移転を規制する条約として、武器貿易条約(ATT)があります。

テラ・ルネッサンスは、現場での支援活動だけではなく問題の根本的な解決に取り組んでいます。

紛争の被害を受けた人達の支援をすると同時に、紛争が起こらないための制度を作っていく必要があります。

その取り組みの1つとして、ATTが形骸化することなくより実効的なものとして存在するように、これからも声を上げ続けていきます。


[注1]The Las Vegas Shooter Modified a Dozen Rifles to Shot Like Automatic Weapons, The Washington Post, 2017年10月3日 (https://www.washingtonpost.com/news/checkpoint/wp/2017/10/02/video-from-las-vegas-suggests-automatic-gunfire-heres-what-makes-machine-guns-different/?utm_term=.f43562e37833 )

[注2]産経ニュース「『世紀の銃』発明・カラシニコフ氏 『控えめな人だった』」2013年12月24日 (http://www.sankei.com/world/news/131224/wor1312240004-n1.html)

[注3]AK-47: World’s Worst Regulated Weapon According to New Report; General Kalashnikov Joins Calls for Tougher Arms Controls, Amnesty International Press Release, 2006年6月26日
(https://www.amnesty.org/download/Documents/80000/pol300232006en.pdf )



政策提言(延岡さん)
写真:カンボジア王国バッタンバン州プレア・プット村の岩陰で発見された不発弾©テラ・ルネッサンス 延岡 由規(2017年9月撮影)

…………………………………………
記事執筆/
海外事業部アジア事業
サブマネージャー
延岡 由規
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

Post a comment

Private comment


Facebook
Twitter
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク