FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【 アフリカレポート/ 2017年11月_Topics.02 】 UNDPとのパートナー事業、進んでいます!

【 アフリカレポート/ 2017年11月_Topics.02 】

UNDPとのパートナー事業、進んでいます!


国連開発計画(UNDP)がコンゴ民主共和国で実施しているプロジェクトの一部を、テラ・ルネッサンスがパートナーとして、2017年8月より実施しています。


肥沃な土壌、豊富な天然資源を持つ同国東部では、その資源をめぐった紛争が長年続いており、深刻な影響を受けています。

そこに暮らす人々は衣(医)食住といった人間の基本的ニーズも満たされていない状況で、特に脆弱な立場の人々は十分な収入を得る手段も限られています。

また、コンゴ東部では、牛を持っている裕福層からミルクを買ってフレッシュチーズ(Mashanza)を作っているのですが、技術も不十分で、資本や保存設備も十分になく、彼女たちの収入は、毎月10ドル~20ドル程度です。


そこで、プロジェクトでは、当会が活動しているコンゴ東部の南キブ州ウビラ行政区の紛争の影響を受けた女性などの脆弱層250名を対象に、生計向上と乳製品のバリューチェーンの強化に向けて、乳製品(牛乳、チーズ)の加工所建設・技術支援、及び相互扶助グループの組織化を主に行っています。


 

【牛のミルクから作られたフレッシュチーズ(Mashanza)】


【ベースライン調査の様子】


治安や機材の調達などいくつか課題もありますが、新規職員も徐々に慣れてきて、建設も順調に進んでおり、プロジェクトも一歩、一歩前に進んでいます。

ブルンジで同プロジェクトのスタッフとも顔を合わせてミーティングを行った際に私も会うことが出来ましたが、限られたリソースの中で主体的に頑張っていて、とても頼もしいです。


2018年3月にプロジェクトは終了予定なので、最後まで駆け抜けていきます!


現地スタッフと理事長の小川

【現地スタッフと理事長の小川】

..................................
記事執筆/
アフリカ事業サブマネージャー
古岡 繭
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。