FC2ブログ

シリーズ現場最前線*07/ファイナンシャルオフィサー:イェト

ファイナンシャルオフィサー/イェト


現場最前線〜支援の先に〜

いよいよ第7弾、シリーズも終盤になってまいりました。


2012年に日本へ訪れテラ・ルネッサンス世界会議で講演したイェトをご紹介します。

彼女は、主にカンボジアオフィスで必要になる会計業務を担当する傍ら、

支援先の村で増やしていくための家畜の飼育や肥料づくりにも励んでいます。


いつも朝からはしゃぐ息子のシーナーと共に笑顔で挨拶をします。

本当に愉しそうな写真が撮れました。

早朝の親子

(毎朝、親子で元気いっぱいです)


最先端をいくカンボジア事務所の子育て環境


シーナーは毎日裸足でオフィスのうら庭を走りまわって

ニワトリやココナッツに囲まれながら土遊びや釣りをしています。

実はカンボジア事務所って子育て環境に、超先駆的な職場だったりするのではないでしょうか。ということで、職場の子育て環境について尋ねてみました。



「シーナーの世話をしながら、テラ・ルネッサンスの一員として紛争や貧困のない社会の実現に挑戦できることをとても誇りに思っている。」


カンボジア事務所のスタッフはみんな、協力して息子の面倒をみてくれ、

江角代表や延岡駐在員も子どもが大好きで、いつも、活動の合間にシーナーの相手をしてくれる。


「これだけ優しくて強い人たちに支えられて育つのだから、きっと強い身体と信念をもつ逞しい男の子に育つと思いたい。あの子、泣いてばっかりだけどね。あはは。」


喜怒哀楽シーナー

(泣きながら笑いつつ怒る器用なシーナーと会計事務に励むイェト)



イェトから見た日本とカンボジア


2012年にテラ・ルネッサンス世界会議で日本に訪問しているイェト。

日本についての感想を改めて尋ねてみました。


「ズバリ、日本に行ったことがありますね?」

イェト「あぁ、日本にいくことはもう慣れてるよ。」


「・・・え?あれ?(1回だけのはず・・・)」


イェト「もう飽きるほど毎度行ってるからね。もう日本のことならなんでも聴いて!」


「・・・ん〜〜??」


イェト「なんて冗談〜♪ 日本には一度だけ、世界会議で訪問したよ。」


「・・(まったく、お茶目なイェト姉さんったら。。)」



(仕切り直し)



「日本はいいところだよね。ハイテクな先進国だし、見渡すかぎり立派な建物が並んでいて隅々までキレイなすごい国だと思うよ。」と話します。


「どちらが好きかと聞かれれば、私の場合はカンボジアの方がいいかな。

生まれ育った馴染みある国だし、土やココナッツ、ニワトリとか自然なものに囲まれている方が落ちつくから、住むならカンボジアだし、羨ましいのは日本だね!

単純に比べられないよさがあるからどっちも好き!バランスだと思うな。」と話してくれました。



オフィスのうら庭

(底なしの体力でうら庭を遊びまわるシーナー)


2012年日本での世界会議について


日本に行って思ったのは「カンボジアの人たちもみんな穏やかだけど、日本の人たちは誠実で、シャイというよりも他人の気持ちを尊重して気遣いができる人たちなのかなと思った。」と言います。


「世界会議では熱い心を持つたくさんの日本の人たちに会うことができて、勇気を貰って私のモチベーションもあがった。会計は複雑で難しいんだけど、クン・チャイの負担を一つでも減らせるように、チャレンジを続けていきたいと思う。」と語ります。


「そうだ!思い出してきた。」と

“Keep challenging.”「自分の限界を決めつけない。」をクメール語で口ずさみます。


会計事務

(領収書の整理をする様子)


普段、クメール語を話せないので、彼女と十分に話すことができませんが、こうして改めてインタビューしてみると、彼女が普段から人の良いところに目を向け、察していることに気がつきました。



まずは、クン・チャイの負担を一つずつ減らしていくことから、カンボジアでの地雷被害者や貧困世帯への自立支援を続けいきます。

思いを行動に移し、活動し続けているカンボジアスタッフの活動を是非みなさんで応援してください!

記事執筆/

インターン 佐野 光平 

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

是非、現地スタッフの活動をあなたのご支援で応援してください!

テラ・ルネッサンスでは、冬季募金キャンペーン2017を行っています。

1/31までに、あと2,974,610円必要です。(1/18時点


▼冬季募金キャンペーンはこちら▼

http://www.terra-r.jp/tokibokin2017.html


< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、

ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。

5,000円の寄付で、

ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます

10,000円の寄付で、

カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

□ 30,000円の寄付で、

今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

   寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

【特集】シリーズ現場最前線/カンボジア


プロジェクトオフィサー:サリアップの紹介はこちら

saleaphtop


メンタルケア・裁縫技術指導員:ラウの紹介はこちら


プロジェクトコーディネーター:クン・チャイの紹介はこちら


スポンサーサイト



1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク