テラルネスタッフ・インターン紹介*第7弾 〜★ニュー・バージョン!会話形式になりました!〜


テラルネにいるスタッフ・インターンは
とても個性豊かです。

そんな仲間をもっと紹介したいと思い、
インターン生がインタビューを行います!

そして今回から新しくなりました!
書き方が会話形式になり、本人の言葉をなるべくそのまま使っているので、更に読み応えがあります^^
是非、一読ください!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


記念すべく第7弾は
2016年2月からインターン生として活躍している
岡本 美穂(おかもと みほ)です。

ミホス1


現役京都大学生で、
みんなは彼女のことを「ミホス」
呼んでいます。
理由はわかりませんが、、、。

そんなミホスはインターン歴では3年目になり、
テラルネ内でもベテラン枠に入ります。

河村がインタビューしてきたので、
みなさんにミホスのAtoZをご紹介します!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


河:それでは始めの質問です!テラルネでの業務は?

岡:この3月からARとして政策提言に関わります!
  もうインターンを初めて2年経ったのですが、始めの年は、
  国際協力について何もわからないから知りたい、っていう、自分のための一年。
  次の年は、テラルネが好きだから、もっと貢献したい、と思ってて、その時期に
  テラルネがFRファーストをかかげていたのでFRに携わりたかった。
  組織としての『テラルネ』のための一年でした。そして、この3年目は今年は、
  テラルネを通じて世界をよくしていくことを目標にしています。

河:実はミホスは当初ARに入ってPRへ行って、
  またARとして戻ってきた珍しいタイプなんだよね?
  ARに戻ってきて今やりたいことはありますか?

岡:はい!PRではなくARに戻って社会にもっとプッシュしていきたいです!
  政策提言で仕組みを作っていくことが大事だと考えていて、
  それはテラルネのためではなく、私がテラルネを通じてこれからの社会の
  ためにやりたいことです!
 
河:インターンでたくさん経験を積んだミホスらしいね!
  今までアフリカやカンボジアの事務所にも行ってたと思うけど、どうだった?

岡:アフリカは、アテンドとしてのお仕事もあったからちょっといっぱいいっぱいで、
  余裕がなかったんですけど、カンボジアに関して言えば、家族感がすごいです。(めっちゃ笑顔)
  テラルネファミリーっていう言葉が浸透しているなと思いました。
  帰国前に私からカンボジア事務所にいるスタッフたちに一言伝える時間があって、
  そこで「会えて嬉しかった。」と伝えた時に、「私たちはファミリーだから、、、、」
  嬉しい言葉をもらったのが印象的でした!

河:すごい!色々話したんだね。カンボジアではクメール語?が話されていて、
  基本的には英語でコミュニケーションをとると聞いたけど、言葉の壁とかは感じなかった?

岡:全く感じませんでした!(ドヤ顔)
  コミュニケーションに関して心配は全くなくて、
  そんなに切り詰めて考えなくても気軽に適当にやってたらできてたって感じです。
  2泊3日という短い期間でしたが、色々見せてもらえました。
  観光地とかじゃなくて村の方に泊まらせてもらえたり、貯めた雨水で入るお風呂が初めてで、
  一緒にお風呂に入ってもらえたり、、、
  みんな優しくて面倒見がよくてお姉ちゃん!って感じなんです(*^ー^*)

河:一緒にお風呂はすごいね!親しい人じゃないとなかなか一緒にお風呂入ろうとは
  思はないけど、そうやってすぐいろんな人と馴染めたりするのはミホスの魅力の一つだと思う。
  そんなミホスがテラルネでやってて楽しい瞬間はどんな時?

岡:うーん。それは、やりたいことがどんどん出てくるときですかね〜!
  テラルネにいると知りたいことがどんどん出てきて、それを知っていくにつれて
  次々とやりたいことが出てくるんです。

河:ミホスは気になったことをとことん調べるタイプだからすごいよね。
  ネットだけじゃなくて、本を読んだりして知識を深めてるし、うまくは言えないけど、
  海外の色々な事情とその背景を理解していると思う。
  そして、それを人に話すところがまたミホスのすごいところで、
  ミホスとの会話で私は色々気付かされたことがある! 


河:テラルネにきた経緯は?

岡:2015年12月に石原さとみさんが出てる番組の再放送を見てテラルネを知ったことですね。
  石原さとみが好きなんです♡
  それ以前にも建築関係でインターンをしていた先輩の話を聞いてインターンに興味を
  持っていました。将来に繋がる経験ができるところでインターンかバイトがしたくって。
  国連を目指していたんですけど、きっかけは高校2年に見たプロフェッショナルで
  国連のアジア事務局長の働き方にとても憧れました!
  アナザースカイでもWFPの日本親善大使がアフリカで子供と触れ合って、
  「ちっぽけな自分には何もできない」という言葉が印象的で。
  1人の力は小さいかもしれないけど、問題を解決していこうと動いている人の存在を知って、
  こういう働き方もあるんだなあ〜と思ったんです。
  ちっちゃいころにご飯を残したら「アフリカにはご飯食べれない子供がいるんだよ」と
  親から言い聞かされてきたことも影響していると思います。

ミホス2
いつも笑顔なミホス(真ん中の黒い服を着た女性)

河:芸能人の影響力って本当に大きい!
  でもそこから興味を持ったことに本格的に挑むミホスもかっこいい!
  これから大学4回生になるけど今後の予定はどんな感じ?

岡:夏休みにヨーロッパとアフリカを周遊したいです。お金貯めないとな〜(涙)
  あと単位も取らないといけないんです。笑
  今まで授業を適当に選んで受けていたんですけど、その時は授業の内容と
  自分のやりたいことがリンクしてなくて、真面目に受けてませんでした。
  でも今はある程度やりたいことが固まってきたので意欲が湧いています!

河:確かに興味がなかったら90分も話聞いてられないよね。

岡:そうなんです!やっぱり基本的に興味のあることを突き詰めてしていきたいので、
  「やならきゃいけないこと」として縛られたくないと思っています。
  日本で8月にATT(Arms Trade Treaty:武器貿易条約の略称)の第4回締約国会議があるので、
  それに関連する何かができないか、検討中です!!

河:それは私も同感かな。
  「やりたいこと」「やらないといけないこと」は違うと思ってて、
  前者の方がモチベーション高いよね。でもバランスは大事だから
  後者も等閑にはできないけど。
  最後に卒業するまでにやり遂げたいことを教えて!

岡:でてきたアイデアや、やりたいことを全部やりたい!です。
  もちろん全部できるとは限らないけど、それを伝えて、
  できるかできないかまで話し合って、自分の納得できる形には
  していきたいと思っています。

河:(こんな眩い大学生初めて会った....)


ミホス3
ミホス(1番奥)と腕を組んで歩くインターン生ズ。



--.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.--


▼テラルネについてもっと知りたい方はこちら!
 https://www.terra-r.jp

▼創設者・理事鬼丸の新著発売!
 http://www.terra-r.jp/onimaru_books2018.html

▼Facebook
 https://www.facebook.com/terra.ngo/

▼Twitter
 https://twitter.com/terra_ngo


--.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.--


インタビュアー:河村帆乃

インタビュアー河村

2017年7月よりインターン開始
PRチームとして主にメール関連の広報に携わる。
テラルネッサンスが大好きで、
このインタビュー企画を先導している。

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

Post a comment

Private comment


Facebook
Twitter
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク