インターン滞在記40/Result-Oriented!!

スオースダイ!
(こんにちは!)

カンボジアから、つだりさです。

みなさん、新年度が始まって
二週間が経とうとしておりますが、
いかがお過ごしですか?

学校や仕事が早速大忙しの人、
新しい環境で毎日刺激がいっぱいの人、
本当に、お楽しみさまです!
←私の好きなテラルネ用語の一つ。
 お疲れ様です!じゃなくて、
 お楽しみさま
 みなさんもよかったら
 使ってみてください♪


ちなみにカンボジアは
スタッフも村の人も
大人も子供も、
お楽しみのクメール正月を前にして、
みんなワクワクそわそわしております!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

そんなカンボジアから、
今日はレクチャーの様子をお伝えします。

今日行っているのは、
内部スタッフ向けの、
ニワトリとアヒルの飼育トレーニング。


今は、毎月の自治会で、村の人たちに
カウンターパートのNGOの先生が
二人で家畜の飼育や野菜の育て方の
知識を教えているのですが、
今後スタッフでも教えられるように、
ということでレクチャーをしてくれています。

かなり専門的に教えてもらっていますが、
内容よりも、私は
「いつも村の人はどんな感じで
 トレーニングを受けてるのかな〜ヾ(・∀・)ノ」

という気持ちで、興味津々。
村の人の疑似体験ができる良い機会です!
(ある意味集中してないことは
 先生たちにはナイショです!笑)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

レクチャーでは、ワークショップをし、
模造紙にみんなでアイデアをまとめていきます。

その中の一つをのぞき見!!

ーー「飼育する上での決まりごと」ーー
・毎日丁寧にお世話する。
・鶏を絶対病気にさせない。
・テラルネでの役割
 (この場合は鶏の飼育)を
 しっかり果たす。
ーーーーーーーーーーーーーーーー


などなど、、、たくさん出ました。

ここで、もう一度立ち返りたいのが、
「飼育トレーニングを受ける目的は?」
ということです。

先にも説明した通り、このトレーニングは
・先生たちの代わりに村の人に知識をシェアできるようになる。
・村人たちの見本となる事務所の鶏を、健康に飼育する。

これが目的。

そして何より、
このトレーニングを受けることは、
テラ・ルネッサンスのビジョン
「すべての生命が安心して生活できる社会の実現=世界平和」につながっていることを忘れてはいけません。


スタッフはみんな、
すべての作業と活動の先には、
私たちの理想(到達点)があるんだ

という意識を持って目の前活動に専念しています。

しかし目の前のことに集中しすぎて、
ついついそのつながりを忘れがちになってしまうことも。

そしていつも事務所を安全に
守ってくれているセキュリティースタッフ、
事務所の管理を担当してくれているスタッフは、
実際に活動で動く機会が多いスタッフと違い、
テラルネのビジョンや活動の考え方に触れる機会がどうしても少なくなってしまいます。

今日は、私自身を含め、
そんなスタッフたちとも
ビジョンや活動理念を再確認する良い機会となりました。


いつも今日の様子を楽しくお伝えするつもりなのに、
ブログの最後が大きい話で終わってしまいますね。笑
気をつけます♪


最後まで読んでいただきありがとうございました!

.......................................
記事執筆/
アジア事業インターン
津田理沙

<つだりさ的今日の大発見>
朝ごはんを食べに出かけたマーケットで、人生で見た中で一番でっかいゴキブリを見つけてしまいました…
(写真は控えます。)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

Post a comment

Private comment


Facebook
Twitter
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク