FC2ブログ

◆小型武器規制の「常識」を疑ってみよう◆ <豊臣秀吉の「刀狩り」と江戸時代の規制によって、日本人は鉄砲を手放した?>

 
ポリシー・アドバイザーの榎本(明治大学)です。たまに投稿している「小型武器規制の『常識』を疑ってみよう」シリーズ、今回は日本のことを書いてみます。

世界を見渡すと、多くの武器が拡散して入手可能な社会において、必ずしも常に高いレベルの暴力がみられるわけではありません。では、各時代・各国の武器の入手可能性(availability)と暴力(犯罪、武力紛争など)の関係性はどのようなものか?1990年代以降、そんな政策志向の研究が活発化しました。
 
そうした研究では、16世紀から19世紀後半までの日本は、極めて厳しい武器所持規制(「刀狩り」など)が実施され、極度に低減した武器所持率・入手可能性(百姓の丸腰化、武士も銃を放棄)が暴力の低減につながった事例として扱われてきました。この「日本の事例」は、アメリカで大きな銃犯罪が起きるたびに、英語圏のメディアの報道のなかでもたびたび使われます。
 
この議論は、アメリカの英米文学者であったノエル・ペリン(Noel Perrin)が1979年に著したGiving up the Gun: Japan’s Reversion to the Sword, 1543-1879(Boston: David R Godina)に専ら依拠しています。日本の日本史研究者は、この本の記述は史実に反するとの指摘をたびたび行ってきましたが、彼らの声はこれまで政策志向の研究者に届いていませんでした。
 
最近、大学のプロジェクトの一環として、ノルウェーや日本の研究者を集めて、武器の入手可能性と暴力との関係性を再考するプロジェクトを行っています。私は、16世紀末から現代までの日本の武器所持等の規制について、これまで日本史分野で明らかにされた史実をもとに、政策志向の先行研究に対していかなる修正が可能なのかを検討しています。先月28日に開催した国際セミナー(http://www.kisc.meiji.ac.jp/~transfer/news/…/20180328_jp.pdf)での議論を踏まえて、4月14日(土)には日本軍縮学会年次大会でも報告する予定です。
 
小型武器規制をめぐる研究は日々進展しています。新たな研究によって、過去の研究がくつがえることは常にあります。テラ・ルネッサンスの関係者も含めて、日本のNGOがいまだに「常識」だとみなす傾向がある事柄も、もはや国際的な政策論議においては常識ではありません。
※例えば、「AK-47のような軽量なライフルの登場が、子ども兵の戦闘への参加を容易にした」、「小型武器による直接的な被害者の大多数は、女性と子ども」など。詳しくは以下の過去記事を参照。
https://www.facebook.com/terra.ngo/posts/1909101152451725
https://www.facebook.com/terra.ngo/posts/1877178645643976
NGOがアドボカシーを行うにあたっては、世界の研究の趨勢を把握する必要があります。
 
写真 © Lorie Shaull CC BY-SA 2.0
Demonstration organized by Teens For Gun Reform, an organization created by students in the Washington DC area, in the wake of the February 14 shooting at Marjory Stoneman Douglas High School in Parkland, Florida. https://www.flickr.com/photos/number7cloud/40369207261
画像に含まれている可能性があるもの:3人、群衆、屋外
スポンサーサイト



1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク