過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


【 プレスリリース:被災地支援/報告 】岩手・大槌町から、福岡・東峰村へ届け「支援」のバトン



岩手・大槌町から、福岡・東峰村へ届け「支援」のバトン
東峰村でのボランティア活動に総計263,200円を寄付



岩手県上閉伊郡大槌町にて、「大槌復興刺し子プロジェクト」を運営するNPO法人テラ・ルネッサンス(事務局:京都府京都市 理事長:小川真吾)は、2017年7月5日に発生した「九州北部豪雨」で甚大な被害を受けた福岡県朝倉郡東峰村でのボランティア活動を支援するために、期間限定で「大槌刺し子・マルチクロス」の売上と、募金を合わせて「263,200円」を、一般社団法人オープンジャパンに寄付した。


2017年7月5日に発生した「九州北部豪雨」で、甚大な被害を受けた福岡県朝倉郡東峰村は、南北につなぐ、唯一の大動脈(211号線)が土砂などによって寸断、支援活動も非常に困難な状況に。また、同村は、当会の創設者である鬼丸昌也の出身地。彼が18歳まで過ごした実家も、土砂災害で全壊。

刺し子プレスリリース(170825)01


そのような状況を鑑みて、東日本大震災で被害を受けた岩手・大槌からも、支援を届けたいと、2017年7月31日(月)まで、大槌復興刺し子プロジェクトで制作した「マルチクロス(1,000円(税込/枚)」の売上を、同村でのボランティア活動のために、寄付することを決定。

刺し子プレスリリース(170825)02


結果、期間中、【242枚】を売り上げた。合わせて、大槌町で被災をした刺し子商品制作者(刺し子さん)も自主的に募金を持ち寄り、【総計263,200円】を寄付することに。


マルチクロス購入者からは、以下のような応援の言葉もいただいている。

●今回の売り上げを九州豪雨のボランティア活動に寄付されると知り、とても素敵な取り組みだと思いました。

●手作りのクロス、楽しみです。この度の豪雨の被害、支援したいと思い、購入を決めました。わたしの故郷は熊本で、かなりの被害があった地域に住んでいました。一早い支援の手を差し伸べられたこと、素晴らしいと思います。


■ キャンペーン結果

【 対象商品 】
 大槌刺し子マルチクロス 4種類(四つ葉のクローバー、葉っぱの森、ひょうたん島、大漁旗)

【 寄付金額 】
 263,200円(マルチクロス売上242,000円/刺し子さんの募金 21,200円) 

【 寄付先 】
 一般社団法人OPEN JAPAN( http://openjapan.net


■この件に関するお問い合わせについて

認定NPO法人テラ・ルネッサンス 
大槌復興刺し子プロジェクト マネージャー 吉田(ヨシダ)
Mail m_yoshida@terra-r.jp
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


平和というつながりの中で生きる。

20170809_03


 
長崎を故郷とする被爆三世の私にとって、
8月9日は特別な日だ。

同時に、ある苦しさを感じる日でもあるー
 
 

72年前の今日、私の祖母は
長崎で原爆の被害にあい、
ヒバクシャとなった。



祖母の家庭は貧しく、
ふかした芋をこしらえ、
街の家々を売り歩いては
生活の足しにしていたという。
 
 

8月9日も、そんな風に変わらぬ日常だった。



「芋はいらんですか」と、家の玄関先で
家主に話しかけていたとき、遠くの雲の隙間から
大きな飛行機が現れたのが見えた。
 

 
「お前たちのおっけん飛行機のきたやっか、帰らんか!」



罵声にも似た言葉をあびせられ、
近くの防空壕に逃げ込んだ直後、
原爆が長崎の街の上空で炸裂した。



その後の市内は、
川や道路に焼けただれた死体が溢れ、
まるで地獄のようだったと
祖母は涙ながらに語ってくれた。

 
 
私自身、祖母から被爆体験を
しっかりと聞くことができたのは、
高校生になってからのことだ。



長崎にある平和活動団体、
『高校生一万人署名活動』を
ご存知だろうか。



20170809_02




街頭に立ち、市民のかたへ
核兵器廃絶を求めた署名の協力を呼びかけ、
年に一度、国連欧州本部へ届けて
各国のリーダーたちへ核兵器廃絶を訴える
という活動だ。



平和への関心について、
この活動へ参加したことが、
私の原体験となった。
 

 
このように、8月9日が特別な日である一方で、
同時に、ある苦しさを感じる日でもあった。



その理由は、積極的に活動していた
高校生の頃とは違い、大人になったいま、



長崎の平和に対して、
当時の熱量を向けられていない自分に
向き合う日でもあるためだ。



あの頃の想いは、自分の中から
消えてしまったのだろうか?

 
 
ある日、本棚を整理をしていると、
署名活動の書籍が出てきた。



懐かしいと思って本を開いてみると、
そこに当時の寄せ書きを見つけた。



「戦争も核兵器もない世界を」という言葉を
囲むようにして書かれていた言葉はこうだ。

 
 
「平和というつながりの中で生きる。」



20170809_01



心のつかえが取れるように、
少し楽になった気がした。



長崎の平和教育が育んでくれたものは、
なにも核兵器廃絶だけではない。



テラ・ルネッサンスが取り組むような、
紛争被害者の貧困解決や地雷の撤去活動も
「平和のつながり」に内包されている。
 
 

テラ・ルネッサンスの活動だけではなく、
多くのNGO・NPOが取り組む活動も、



さらには、それらに寄せる関心や、
寄付などを通じた活動への参加も、
「平和というつながりで生きる」ことに
なんら変わりない。



こうやって、8月9日に平和関連の記事を
読んでもらうこともそうだ。
今の自分にできることでいい。
 
 

平和は、世界という場所には存在しない。
映画『この世界の片隅に』( http://konosekai.jp/
にならえば、『片隅』が意味する個人にのみ所属している。



誰でもない私という個人が、
ささやかでも関心を持ち続けること、
行動し続けている状態が、総和としての
『世界平和』を実現するのだと思う。
 

 
1945年8月9日、
長崎原爆を懸命に生き抜いた祖母。



悲劇の果てに紡がれた生の奇跡に感謝し、
今日の日を大切に生きたい。



背中を押してくれるのは、
アジア・アフリカの紛争被害から
立ち上がろうとする人たち、



日頃から私たちの活動を
応援してくれる人たち、
一人ひとりの想いだ。
 
 

明日も世界が平和でありますように、
私にできる、微塵の一歩を。
 

 
………………………
記事投稿/
PRチームマネージャー
小田 起世和


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


7月のサムロンチェイ村/インターン滞在記㉝

スースダイ!
カンボジアから、インターンの川島です。

日本は台風が近づいているそうですね
暴風や高波には十分お気をつけください


カンボジアでは、先週、
村落開発プロジェクトを実施している
3つの村で、自治会を行ってきました。

今日はその中のひとつ、
サムロンチェイ村の様子をお届けさせていただきます。

IMG_6239.jpg

毎月開催している自治会では、
村人が野菜を自給して支出を減らし、
収支バランスを整えるために
野菜の種を2種類配布しています。

現在タイから輸入した種を
配布しているのですが、
一度収穫した後はもう実がならなかったり、
うまく芽が出なかったり、
村人の技術以前に種自身が問題を抱えていることがあります。

そこで、カンボジア由来の固定種を集めて配布しよう、
とカウンターパート現地NGOのCDRANCEの先生と話していました。

サムロンチェイ村に行くと、
種を保存している村人が!

IMG_6235.jpg

へちまとサヤエンドウの種を無料でわけてもらいました。
日本の皆さまからいただいた資金で村人を支え、
村人に支えられながら活動できていることを感じ、
とても嬉しくなりました。

彼女はテラ・ルネッサンスが支援を始める前から、
野菜は市場で買わずに自給しているそうです。

IMG_6234.jpg

種の配布と野菜栽培技術の講習をすることで、
こうした村人が増えていくようプロジェクトを進めていきます。


IMG_6241.jpg

今月は、かぼちゃときゅうりの種を配布。
模造紙に書いた説明と地面に絵を描きながら、
どうやって植えるか伝えます。


IMG_6247.jpg

こちらのおばあちゃん。
以前配布したヘチマを植えたところ、
食べきれないぐらい実がなって
まわりの村人に販売しているそうです。

1つ500リエルで販売し、実が採れるときは
毎朝2000リエルほどの収入があるそうです。


2000リエルは日本円で約50円。
日本の感覚で言えばわずかな収入ですが、
日雇い労働の給料が1日5ドル(2万リエル)、
2000リエルはその10分の1にあたります。

今は雨季なので、
雨が降れば水やりをする手間もはぶけ、
植えているだけで食べ物が育ち、
それで収入も得られれば一石二鳥です。


野菜栽培の他に、牛飼育もはじめているサムロンチェイ村。
これからコオロギやハリナシミツバチ飼育といった、
様々な収入源を確立することで、村人に
どんな困難をも乗り越える力を磨いていってほしいと思います。


昨年支援をはじめたばかりのサムロンチェイ村。
他のロカブッス村などと違って、
「村人が自治をしている」と呼べるにはまだ遠い状態です。

IMG_6242.jpg

けれども、こんな田舎でヒョウ柄の服を着ている
大阪のおばちゃんを思わせるたくましい村人(写真中央)や、
顔をしわくちゃにしながらいろんなことを話してくれる
おばあちゃん(写真右より)がいて、これからが楽しみな村でもあります。

一人ひとりの村人に寄り添いながら、
村全体の自立と自治を目指して、
これからも活動を進めていきたいと思います。

へちま
(おばあちゃんが育てたへちま。腕の3分の2ほどの長さ)


そして、こうした息の長い支援を続けられるのは、
想いとご寄付を託してくださる日本の皆さまがいらっしゃるからです。


助成金などと違って
使用用途や期間を限らない皆さまのご寄付のおかげで、
現場のニーズに柔軟に対応できます。


これからも、テラルネッサンスの活動に
様々な形でご参加いただけますと幸いです。
>夏季募金特設ページはこちらから

本日もありがとうございました!

(かわしま)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


牛の価値/インターン滞在記㉜

スースダイ!
(クメール語でこんにちは)
インターンの川島です。

先日のブログで、カンボジアならではの
牛のエピソードについてお伝えさせていただきました。
>先日のブログはこちらから


IMG_5179.jpg


皆さんは、牛を飼ったことはありますか?
・・・私は、もちろんありません。笑

小学生のとき遠足か何かで牛舎に行ったのが
初めて牛を見た瞬間だったような気がしますが、
都会に住んでいる方は、実際見たり触ったりしたことが
ない方もいらっしゃるかもしれませんね。
(私は四国の高知県出身です)


IMG_5371.jpg


カンボジアでは、牛は非常に重要な資産で、20年ぐらい前までは
もしお金があれば、牛を買っておけと言われていました。

農耕用にも運搬用にも、車やバイク、トラクターが
普及していないときは、非常に重要な動力でした。
日本と同じであまり食用に食べてきたわけではありません。

最近は道路が舗装されて、車・バイク・トラクターが普及してきたため、
牛はそんなに重要でないと思われるようになりましたが、
食用としての価値が高くなってきました。

カンボジアの牛肉は、豚や鶏などと違い、
自然の草を食べさせて成長させているため、
タイやベトナムから輸入されておらず、逆に輸出できる状態です。
(豚はほとんどタイから輸入されています)

気になるお値段は、1頭あたり、
小さい子牛:500ドル/大人の牛:1000〜2500ドル
大きさによって差はありますが、
学校の先生の給料が月120ドルぐらいだと考えると大きな資産です。


私たちが一緒に活動している村人たちの中には
1日の収入が5ドル程度の貧困層がたくさんいるので
最初に500ドルの投資をするのはとても難しいです。


牛は1年に1度子どもを産み、
妊娠してから生まれるまで約10ヵ月、
大人の牛に成長するまで約1年かかります。

先日渡した牛は、
子どもが産まれたら1頭目と3頭目の牛を当会に返してもらい、
親の雌牛と2頭目、4頭目以降が村人の資産となる、という仕組みです。
実際にお金を得られるようになるまでには長い時間がかかりますが、
家畜銀行のような長期的な収入源と
家庭菜園などの短中期的な収入源を組み合わせることで
様々な困難を乗り越える術を身につけてもらいたいと思っています。

また、「牛銀行」という牛を村の中でどんどん回していく仕組みを作って、
将来的にはテラ・ルネッサンスがいなくても活動が続くようにしていきます。


IMG_5367_20170727163501518.jpg


このような価値がある牛なので、
「牛を飼う」=「大きな資産を持つ」ということになります。


先日行った牛飼育のトレーニングでは、
牛の食べ物、病気になったときの治療法などを伝えました。
今後フォローアップの見回りも行っていく予定です。


ここカンボジアでは、
牛を飼うこと、野菜をつくること、
が重要な仕事であり、未来をつくる力になっていきます。


皆さんも、牛と触れ合ってみたくなりましたか?
日本で牧場に行くのも楽しいと思いますが、
ぜひカンボジアにも遊びに来てくださいね

※牛に触るときは、調子にのって触りすぎると怒られるので、お気を付け下さい

本日もありがとうございました!

(かわしま)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

続きを読む

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


論考発表:「2017年9月の武器貿易条約(ATT)第3回締約国会議に向けて ―第2回締約国会議およびその後の論点―」

論考発表:「2017年9月の武器貿易条約(ATT)第3回締約国会議に向けて ―第2回締約国会議およびその後の論点―」
 
ポリシー・アドバイザーの榎本です。

本日、私が勤務している明治大学国際武器移転史研究所より、

機関誌『国際武器移転史』第4号を刊行いたしました。


第4号には、拙稿「2017年9月の武器貿易条約(ATT)第3回締約国会議に向けて」も掲載されています。

この研究所で、私はATT締約国会議プロセスのモニタリング・プロジェクトを実施しており、本稿はその一環です。
 

昨年7月刊行の『国際武器移転史』第2号に掲載した

「2016年8月の武器貿易条約(ATT)第2回締約国会議に向けて」

に続き、第4号でその後1年間の争点を整理することにより、

このプロセスに関する記録・研究と政策論議の一助となればと思います。
 
テラ・ルネッサンスのフェイスブックに何度も投稿している対サウジアラビア武器移転問題についても、

これまでの動きをまとめています。

この問題がどうなっているのか、まとめて知りたいかたは、ぜひご覧いただけましたら幸いです。
 
来年以降も、ATT締約国会議プロセスのモニタリングを続けていきたいと思っています。

引き続きどうぞ宜しくお願いいたします!

全文ダウンロードはこちらから

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク