過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


鬼丸からの動画メッセージ!!


先日、ウガンダに滞在していた時の、
鬼丸からのメッセージです。





----------------------------------------------

▼今すぐファンクラブ会員に申し込む
>> http://www.terra-r.jp/member/fccampaign2016.html

ファンクラブ会員とは、
毎月一口1,000円(約33円/日)からの、
定額によるご支援の方法です。

※口数の変更なども上記のリンク先より可能です!

----------------------------------------------



こんにちは。

テラ・ルネッサンスの鬼丸昌也です。
現在、私はウガンダの首都、カンパラに滞在しています。


昨日まで、ウガンダ北部のグルという町で
私たちが運営をしている元子ども兵士の
社会復帰支援センターを訪れていました。

私たちテラ・ルネッサンスがこのウガンダの地で、
元子ども兵士たちの社会復帰プロジェクトを始めて
今年で10年を迎えます。

その当初に支援をしていた元少女兵に出会いました。


われわれが受け入れた段階では、
自分にどんな力があるんだろうと、
自分にどんな技術があるんだろうと、
自分の未来に対して、とても不安を抱えている彼女でした。

でも現在ペーパービーズといって、
紙で作った飾りであったり、
洋裁技術を活かして、服であったりとか、

自分がその当時、学んできた技術を使って、
立派に自分の人生をきりひらいていました。


外見もそうですし、服装もそうですし、
何より、彼女の笑顔から満ち溢れてくるその自信。

それは、明らかに、
この元子ども兵士社会復帰支援センターで学んできた
技術であったり、同じ元子ども兵士と共有してきた体験であったり

何より、距離は離れていますが、日本の皆さまから
自分たちに寄せられていた、支援という名前の関心によって
裏打ちされたものだと、あらためて実感しています。


人は、自分のことに関心を寄せられるととても嬉しいものです。
その関心というものが、カタチになって現れたのが、
私は支援だというふうに思っています。

つまり支援とは、物質的なものだけではなくて、
その物質的なもの、金銭的なものに含まれた、

その相手を思いやる気持ちそのものが大事なんだということを
あらためて、このウガンダ訪問で実感を致しました。


テラ・ルネッサンスでは現在、9月30日まで、
一月1,000円から支援を始めることのできる
ファンクラブ会員というものを、200名の方に
なっていただこうという呼びかけをさせていただいています。


1日約30円で、こういった元子ども兵士たちの
大きな変化を生みだすことができます。

是非、みなさんもこの機会に、私たちと一緒になって、
そして、元子ども兵士たちと一緒になって、

そういった多くの人たちが変化を生み出せるような社会を、
自らの力で変化を生み出せるような社会を、
つくっていくことが出来たらと願っております。


詳しいことはテラ・ルネッサンスの
ウェブサイトに記載をしておりますので、ぜひご覧ください。

ご協力、どうぞ、よろしくお願いします。


テラ・ルネッサンスの鬼丸昌也でした。
ありがとうございました。


----------------------------------------------

▼今すぐファンクラブ会員に申し込む
>> http://www.terra-r.jp/member/fccampaign2016.html

ファンクラブ会員とは、
毎月一口1,000円(約33円/日)からの、
定額によるご支援の方法です。

※口数の変更なども上記のリンク先より可能です!

----------------------------------------------

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


鬼丸昌也からみなさまへ

【 鬼丸昌也からみなさまへ 】
 

ウガンダ視察から帰国ほやほやの鬼丸昌也から、
みなさまに大切なメッセージです!
 
 
テラ・ルネッサンスは今年で設立15周年、
ウガンダで元子ども兵の社会復帰のための支援活動を
始めてから10周年になります!!

このように活動ができるのも、
これまで多くの方々が支えてきてくださったからですm(_ _)m
ありがとうございます^ ^
 

そして、これからの活動のために
鬼丸からのメッセージです~~
どうぞご覧ください





~~ 一部の方から多額の寄付をいただくのも本当にありがたいことですが、
私たちが願っている本当に争いのない平和な社会をつくるためには、
たくさんの方のちからが必要です!・・・(おにまる) ~~~~~~~~~



 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 

この夏、テラ・ルネッサンスはファンクラブ会員を募集しています。
これは、毎月一口1,000円(約33円/日)からの定額によるご寄付の方法です。
 
月々の、安定した会費は、アジア・アフリカの人々が
安心して生活できるようになるための、大切な活動資金になります。

私たちの理念や活動に共感してくださる、一人でも多くの方からのご支援が必要です。
 
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.terra-r.jp/member/fccampaign2016.html
 
 
<ファンクラブ会員の特典・・・>
ファンクラブ会員としてご入会いただけますと、
カンボジア・ウガンダなど、現地からのメッセージカードをはじめ、
年間の活動報告書などをお届けいたします。
 
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 
<例えば、あなたのご支援でこんなことができます>
 
□毎月1,000円(1年間)のご支援で、
ラオスの不発弾撤去技術者の、1日分の給料を毎月提供することができます。
 
□毎月3,000円(1年間)のご支援で、
ウガンダの元子ども兵一人に、社会復帰支援施設での給食を1年間支給できます。
 
□毎月5,000円(1年間)のご支援で、
カンボジアの貧困層の子どもたち120人に、1か月間の教育支援ができます。
 
▼ファンクラブ会員になる
https://www.terra-r.jp/member/fan-club-form.html
 
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 
<すでにファンクラブの方も、寄付金額を増額できます>
 
すでにファンクラブ会員としてご支援いただいている方も、
寄付金額の増額変更が可能です。

その際、専用申し込みフォームから、
下記項目ほかをご入力いただき、お申し込みください。
 
【入会内容】=継続
【ファンクラブ口数】=(  )口 ※ご希望の口数を入力
【備考欄】=ファンクラブ会員口数の増額変更
 
▼毎月の寄付金額(1口:1000円~)を増額する
https://www.terra-r.jp/member/fan-club-form.html
 
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 
<寄付が便利になりました>
 
テラ・ルネッサンスは平成26年5月30日より、
京都府から認定を受けた認定NPO法人になりました。

ファンクラブ会員としてのご支援は、
寄付金控除など、税制上の優遇措置の対象となります。
 
▼寄付の税制優遇についてはこちら
http://www.terra-r.jp/about_zeiyugu.html
 
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 
・・・また、テラ・ルネッサンスやこのキャンペーンのことを
シェアし、問題や平和、未来への想いをあなたの周りの人に伝えることも、
あなたにしかできない国際協力の方法です26
 
今後とも、一人ひとりに合った丁寧な支援を
より多くの人々に届けるため、そして、

『すべての生命が安心して生活できる社会の実現』のために、
テラ・ルネッサンスをどうぞ、よろしくお願いいたします!
 
 
< 進捗状況(※ 9/2 時点)>
 
・目標人数:200 名
・支援者人数:68 名
・目標までの人数:132 名
・のこり日数:29 日
 
▼夏のファンクラブ会員募集キャンペーン(HP)
http://www.terra-r.jp/member/fccampaign2016.html



(つじもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


支援者さん、中村さんが事務所へ!

【 広報・FRレポート/2016年8月_Topics.01 】
ー 支援者さん、中村さんが事務所へ! ー
  

8月9日(火)、福祉施設を経営されながら、テラ・ルネッサンスを支援してくださっている中村さんが事務所に来てくださいました!
 
私も同席させていただき、いろいろなお話を一緒にするなかで、"外から見たテラ・ルネッサンス"を知ることができました。
 

知人からの紹介でテラ・ルネッサンスを知ったという中村さん。
それからというもの、ずっと支援してくださっています。
 
実は、以前、広報・資金調達担当の小田と辻本が中村さんを訪問した際、数ある団体の中で私たちを支援してくださる理由として、「テラ・ルネッサンスでないといけなかった」と話してくださったそうです。
 
そして、今回、もう一度お話を伺うと、テラ・ルネッサンスの人は、心を丸裸にして自分や社会に正直に向き合い、キラキラしていて、そこにピンときたと言ってくださいました。
 
どこで、どのように使われるかわからない寄付が多い中、テラ・ルネッサンスなら安心して任せられるとの嬉しいお言葉も^^
 

同時に、支援者の皆さん一人ひとりの想いを、まっすぐに現地へ届けることの責任の大きさを改めて感じました。
 

私にとって"気づき"が多かった今回の訪問。
中村さんの人の良さや、話しやすさもあり、ステキな時間を過ごすことができました。
 

中村さん、ありがとうございました((o(´∀`)o))

1-1_201608301255346f6.jpg

 
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
記事執筆/
テラ・ルネッサンス
インターン 岡崎

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


達成!コンゴ紛争を生きのびた女性たち 幸せな洋服屋さんプロジェクト!!

 
こんにちは!!
広報担当の辻本です。

4/13~6/17の65日間にわたり、おこなっていた
クラウドファンディングサイト『READYFOR?』でのプロジェクト、

コンゴ紛争を生きのびた女性たち
 幸せな洋服屋さんプロジェクト



が、昨日の午後11時をもって、
プロジェクト成立の上で
終了いたしました!!


13450911_1297146573647189_4261754163740377113_n.png


目標金額4,200,000円に対し、
いただいた支援総額は4,353,000円!
達成率103%!!!
170名もの方々にご支援いただきました!!


これにより、コンゴの紛争を生きのびた女性たちに
支援をお届けすることができます!

皆さまからのご支援、ご協力に、心より感謝申し上げます。
本当に、ありがとうございました!!


プロジェクトの達成と、皆さまからの応援を誰よりも喜び、
感謝している小川は、、、
 

現在、アフリカに滞在中!!
現地で絶賛活動中です!^ ^
 
 
そのため、僭越ながら私から皆様に
御礼申し上げさせていただいております。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


ここでもう少し、感謝をこめて、今回のプロジェクトを振り返らせてください。
  

私はこれまで、こんなにも人を意識したことはありませんでした。

クラウドファンディング「READYFOR」は、パソコンやスマホ画面の中、ただ
数字だけが増えていくような、ネット上の、無機質な数の積み上げではありませんでした。
 
 
支援者数の数字が「1」増えるたび、どれだけの励ましを頂いたでしょうか。
素敵なコメントを読むたびに、何度背中を押されたでしょうか。
 

3,000円、10,000円・・・。一つの行動が引き起こす、
次の誰かによる行動。

支援の繋がりを感じ、プロジェクトに関わっているすべての人が
連鎖を起こしていることに、胸が熱くなりました。
 
 
皆様のお力がなければ、あるはずのなかった洋服屋さんが、
しっかりとコンゴに実現します。

その洋服屋さんはきっと、コンゴを力強く支える支点になり、
コンゴの平和な未来の始まり=原点になると思います。


そして日本にいる私たちとも、しっかりとした、見えない線で繋がっています。
 
 

現地の女性たちの声や動画などをお届けできるといいのですが、
まだまだそれほどの通信環境も整っておらず、今は叶いません。
  
しかし、いつか実際に、海外旅行をするような感覚で、
コンゴを訪れることができるような未来が、プロジェクトを応援してくださった
皆様の手で、もたらされるかもしれません。

その時はぜひ、一緒に洋服を買いにいきましょう。
 
 
お祭りのようなコンゴのプロジェクトも終わり、
また地道な活動が始まります。

みなさま、今後とも、長いお付き合いを
どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
 
これより後は、小川や現地のスタッフから届く、活動報告をもって、
感謝をお伝えしていきたいと思います。
 
本当に、ありがとうございました!!
 
 
(つじもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【 ドキュメンタリー映画『女を修理する男』を見て 】

こんにちは!辻本です!


さっそくですが、皆さまのご支援、ご協力により、

『コンゴ紛争を生きのびた女性たち
 幸せな洋服屋さんプロジェクト』が達成しました!!


応援してくださった皆さま、本当に、ありがとうございます!


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 
プロジェクト詳細はこちら
 
https://readyfor.jp/projects/terra_r_congo
 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


プロジェクトの達成が、コンゴのことを知ってもらえる
<チャンス>になるかもしれない!!と思い、
終了までのあと 2日、さいごまで発信を続けることにしました!



ということで、今日は

先日、立教大学で開催された上映会

『The Man Who Mends Women(女を修理する男)』

に、実際に兵庫からかけつけたテラルネの学生インターン
延岡(のぶおか)の感想をお届けします!



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐



無題


【ドキュメンタリー映画「女を修理する男」を見て】

6月3日に立教大学にて開催された、ドキュメンタリー映画
『The Man Who Mends Women(女を修理する男)』の
上映会&講演会に参加しました。


本作品は、コンゴの産婦人科医かつ人権活動家であるムクウェゲ氏が
紛争絶えないコンゴ民主共和国で暗殺未遂に遭いながらも、
医療、心理的、司法的な手段を通して、
性暴力の生存者を献身的に治療する姿を映したドキュメンタリーです。


数多くのシーン、言葉が印象に残ったのですが、
中でも、ムクウェゲ氏が語るこの言葉が強く心に残っています。


「必要なのは『行動』だ。

 しかし、手術室にいては動くことができない。

 だから、私は外に出る必要がある。」


ムクウェゲ氏が医師から、1人の活動家へとフィールドを広げた瞬間です。



私たちは無意識のうちに「ガラスの天井」をつくってしまいがちです。


「どうせ私は〇〇だから。」

「私には〇〇をする力がないから。」


このような言葉を盾に、自分自身に限界を設定していませんか?
その限界は、本当に超えられないものですか?


ムクウェゲ氏は、強い信念をもって
医師という職業を飛び越え、活動をされています。


「私は〇〇だから、何もできない」

のではなく

「私だからこそ、〇〇ができる」


あなたにこそ、できることがあり
あなたにしか、できないことがたくさんあるのです。



ガラスの天井を突き破って、
自身の限界(と思い込んでいる一線)を乗り越えて、
前に進んで行く勇気を、この映画からもらったような気がしています。


(延岡 由規)



-*-*-*- READYFOR 新着情報 -*-*-*-
  
< 達成状況(※ 6/15 時点)>
 
・目標金額:4,200,000 円
・寄付総額:4,268,000 円
・寄付者数:159 名
・達成率 :101 %
・残り日数:2 日

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

コンゴ紛争を生きのびた女性たち
幸せな洋服屋さんプロジェクト(詳細)
 
https://readyfor.jp/projects/terra_r_congo
 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar