過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


世界で最も貧しい国は、私の予想をはるかに上回って美しい国だった


インターン生の原貫太です!

いつも新着情報をお読みくださり、ありがとうございます。
引き続き、「あなたの"想い"で選べる募金/アフリカ」より、ブルンジのようすをお伝えします!


・・・・・


私は今月中旬、テラ・ルネッサンスが活動を行うブルンジ共和国に約一週間滞在していました。


ブルンジでは、1993年から続いた紛争の影響によって、約30万人の方々が亡くなりました。テラ・ルネッサンスの活動地ムランビヤ県は激戦区の一つでもあったため、ここでも多くの方々が紛争による被害を受けています。


現在でも、一人当たりGDPでは世界最下位(2015年)、また外務省が発出する渡航情報では「危険レベル3」(渡航中止勧告)など、インターネット上で耳にするブルンジの情報は、良くないものばかり。



そんな私も、ブルンジという国に対して、あまり良いイメージを持っていませんでした。


しかし、ブルンジに到着して、いざ私の目に入ってきた景色は…!現場における「ナマの情報」を知ることの大切さを改めて実感した、そんな一週間の滞在でした。


ブルンジで撮影した写真をご覧ください!



IMG_2301.jpg
(世界で2番目に深いと言われているタンガニーカ湖)



IMG_2445_201702211607552f0.jpg
(テラ・ルネッサンス活動地に広がるのどかな景色)



IMG_2555.jpg
(肉を焼く人)



IMG_2678.jpg
(現地の子ども)



IMG_2631.jpg
(現地の人たちと話すテラ・ルネッサンス理事長小川)



IMG_2314.jpg
(首都ブジュンブラのストリートチルドレンと原)



IMG_2523.jpg
(現地の子ども達)



IMG_2698.jpg
(テラ・ルネッサンス職員の鈴鹿と原)


・・・・・・


現在テラ・ルネッサンスでは、【 アジアアフリカ啓発(日本) 】 の3地域から選んでいただける、「あなたの"想い"で選べる募金」キャンペーンを開催しています。

キャンペーン終了まで、あと1週間
紛争という被害にあいながらもこんなに美しいブルンジで今を懸命に生きている人々を、テラ・ルネッサンスの活動を、応援していただけませんか?

ブルンジを含む、アフリカ事業へのご寄付は、以下の特設ページをご覧ください。



(原)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 
▼ 「あなたの"想い”で選べる募金/アフリカ」に寄付をする
 
紛争によって未来を奪われた元子ども兵、
自立のための社会復帰支援を届けたい
 
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_africa.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

5,000円で、
1人の元子ども兵に対して、約2週間分の職業訓練を支援できます。

10,000円で、
元子ども兵社会復帰センターで、100食分の給食を支援できます。

30,000円で、
元子ども兵2名へ、洋裁のビジネスを始めるために必要なミシンなどの道具一式を支援できます。


▼「あなたの"想い”で選べる募金/アフリカ」に寄付をする
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_africa.html
 

*クレジットで寄付をする
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
*銀行振込で寄付をする
https://www.terra-r.jp/member/ginkou-form.html
 
※ 寄付の申込みページ内にある 寄付指定 の項目を、
【 アフリカ 】で選択のうえ、お申込みください。


※寄付は税控除の対象になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 地域別募金 アフリカ 進捗状況(※ 2/21 時点)>
- 期間:2月28日(火)まで!-

紛争によって未来を奪われた元子ども兵、
自立のための社会復帰支援を届けたい
 
・目標金額:2,000,000 円
・寄付総額:356,690 円
・寄付者数:26 名
・達成率 :18 %
残り日数:7 日
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


彼らは一人、一人なのだから


あなたの“想い”で選べる募金。
いつも新着情報を読んでくださり、ありがとうございます。
アジア地域担当の辻本です。

引き続き、カンボジアの様子をお伝えしていきます!

* アジア 特設ページはこちら *
>> http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_ajia.html


DSC_0303_20170220210215e14.jpg



「日本からの支援者に会えるのがすごく嬉しい。

 みんな抱きしめたくなるよ!」



特設ページでも紹介している男性、スー・マウさん。からだ全体で人を抱きしめるようなジェスチャーをしながら、にこにこ笑うマウさんを見ていると、この人が地雷の事故にあっていることなど忘れてしまいそうになります。…いや、私は実際、右腕の先がないマウさんを前に、そのことを忘れて話をしていた気がします。


DSC_0286.jpg


テラ・ルネッサンスと、マウさんとの出会いは2009~2010年頃。右手をなくしたのはそこから6年程さかのぼった日のことでした。川の堤防で地雷を見つけたマウさんは、魚を捕るための火薬をその地雷から取り出そうとしたのです。

…なぜそんなことを?と思った人もいるかもしれません。原因は貧困です。貧しくて困窮状態にある人々は、危険性があることをわかっていても、生きるために手段を選べない状況下にあるのです。


そして地雷は爆発。右手を失い、まもなくして奥さんは上の子ふたりを連れ、出ていきました。


DSC_0947(2).jpg



テラ・ルネッサンスが最初に行なったのは雨漏りをしていた家の修理。それからお米を支援するなど、最低限の生活ができるようにしました。そしてマウさんが再度自分のちからで収入を得られるようになるための自立支援に移ります。

食用として販売できるコオロギを捕るための簡単な装置、そして二頭の子牛を供与しました。複数の収入源を持つことは、安定した生活を確保するために非常に重要になります。牛の飼育は比較的容易で、手間もかかりません。


草の生い茂っている場所へとこまめに牛を連れて行くというマウさんの牛は、確かにほかの家の牛よりも立派なようでした。穏やかで仲が良さそうな二頭。マウさんに、とても懐いているようにも見えました。


DSC_0298.jpg



マウさんには、そばにのこされたふたりの子どもたちがいます。私が一月に訪ねた際には、残念ながら会うことができなかったのですが、見ていて微笑ましくなるほど仲のいい親子だそうです。


けれど、前はもっと大きな家族があって、奥さんがいて、兄弟4人そろって一緒に暮らしていたんですよね。支援を始めたころには、泣いてばかりだったというマウさん。今の彼からは想像ができませんでした。



DSC_0287.jpg


以前、支援や協力といっても、相手は国ではなくて目の前の人なんだと話している人がいました。彼に会った時、あれはこういうことだったんだな、という感覚がこころに沁みてきました。


「日本の支援者に会えるのが一番嬉しい」と満面の笑みで話してくれるマウさんを前に、この人一人のために活動ができるならそれで十分だと思ってしまいました。

けれど、世界平和を目指している国際協力団体として、テラ・ルネッサンスやほかの機関、個人の手が届かない人がまだまだいるということを決して忘れてはいけない。安全、安心を脅かす要因となる課題を“根本的に解決する”という理念を、忘れてはいけないのだと思いました。


DSC_0310.jpg
(下におろそうとするマウさんにしがみつく姪っ子)



アジア、アフリカ、そして国内。それぞれの現場での活動を、「地雷被害者」「紛争被害者」という言葉で一括りにすることはできない 一人、一人 がそこに居るのだということを忘れずに続けていきたいと思います。


私たちの活動に共感してくださった方がいらっしゃいましたら、どうか、一緒に活動を進めるパートナーとして、ご寄付やSNSでのシェア、または直接あなたの周りにいる方に話していただくなど、できる限りでのご協力を、よろしくお願い申し上げます。



(辻本)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

地雷原の村で貧困の悪循環を断ち、
子どもたちの未来をひらきたい

 
たとえば・・・
 
5,000
家庭菜園用の野菜の種や苗木
2種類100家族分を支援できます。
 
10,000
貧困層の子どもたちへ、
1ヶ月分の補習授業費20人分を支援できます。
 
30,000
ヤギの飼育を始めるための子ヤギ
2頭分の購入費用を支援できます。
 
…………………………………

◇◆◇アジア地域に寄付をする◇◆◇
 
▶クレジットの方はこちら(寄付申込ページに移動します)
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
▶銀行振込の方はこちら(寄付申込ページに移動します)
https://www.terra-r.jp/member/ginkou-form.html
 

※ 寄付の申込みページ内にある 寄付指定 の項目を、
【 アジア 】で選択のうえ、お申込みください。
 

ーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーー

 
< 地域別募金 アジア‐進捗状況(※ 2/16時点)>
- 期間:2月28日(火)までです!-

 
地雷原の村で貧困の悪循環を断ち、
子どもたちの未来をひらきたい
 
・目標金額:1,500,000 円
・寄付総額:273,000 円
・寄付者数:21 名
・達成率 :18 %
・残り日数:8 日
  
▶アジア地域の特設ページはこちらです
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_ajia.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


大切なものは目に見えない

こんにちは、フェローの川島です^^

皆さまの想いで選んでいただける、募金キャンペーン。
本日は、啓発の新着情報★第6弾をお届けいたします!


***********************

2月11日「ひょうご・こうべワールド・ミーツ for YOUTH」に
啓発チームマネージャー栗田と私で参加しました。

IMG_0424_20170215122451418.jpg

このイベントは、国際問題に関心を持つ兵庫県内外の
高校生800~1000人を対象に行われたものです。
約30団体が出展し、活動紹介やミニ講演を行いました。

16729316_1279724845447917_5609612163866869568_n.jpg

ブースに来てくれた高校生は、

「どうして子どもが兵士にならなきゃいけないんですか?」
「なんでカンボジアに地雷がたくさんあるんですか?」
「ハガキがどうやって活動資金に変わるんですか?」
「将来ビジネスで食糧問題を解決したいんですけど、何から取り組めばいいと思いますか?」

などなど、率直な疑問をぶつけてくれました。

IMG_0431.jpg


種子の発芽について研究している子。
難民問題に関心のある子。
タイのスラム街と自分が住む街を連携させて、
ビジネスを生もうとしている子。

一人ひとり関心のある課題や考えていることは違います。
でも、一人ひとりが一生懸命、自分がやってみたいことや
自分にできることに取り組もうとしていました。

そんな高校生や先生たちとお話して、
違うって、本当に面白いなと思いました。
違うから、ひとつの課題を解決するにもいろんな方法があるし、
いろんな角度から取り組むことで、解決へのスピードも速まるんだなと。

IMG_0437.jpg


啓発は、そんな一人ひとり違う人たちと
仲間となって共に歩むための活動です。

平和を想う気持ちはすべての人の心の中にあり、
幸せを願うという点で、私たちは共通しています。
そしてその共通点は、伝えることではじめて見えてきます

伝えれば、行動すれば、必ず受け取ってくれる人がいる。
そんな、一人ひとり異なる多くの人たちと一緒に活動できるように、
これから必要なのがHPや活動を伝える漫画の多言語化です。

edification_05.jpg



啓発の成果は見えづらく、伝える側からは見えないこともあります。
また、仕組みを変えるのには、とても時間がかかります。
でも、確実に、ときに大きく、ときに小さく、
相手の心や社会に、変化やきっかけを生んでいる
と思います。



以下は、昨年10月に当会が発行した15周年記念誌の冒頭にある、
理事長小川の言葉です。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

すべての人たちの「できること」と「できないこと」が、
まるで、凸凹が組み合わさるように、お互いを補い合い、
テラルネッサンスは、15年という一つの歴史を
積み上げることができました。

しかし、その凸と凹は、
機械のようにピッタリと合わさるものではなく、
その隙間にこそ、デジタルな論理だけでは説明できない、
「何か」大切な価値があると考えています。

有機的につながる自然界のように、一人ひとりのカケラは
多様な人たちとつながり合い、その時々で、
平和のカタチを明らかにしてくれるのです。

常に変化し続ける、光と影の中で、これからも
テラ・ルネッサンスらしさを忘れず、
豊かな時間を重ねていきたいと思います。


ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

この記事を読んでくださったあなた様の
「できること」と「できないこと」は何でしょうか?

伝えること、行動すること、日々の暮らしを振り返ること。

きっとたくさんある「できること」の中から、
ほんの少しを、私たちに託していただけないでしょうか。

世界の平和を実現するために
現状を伝え、共感を広める啓発という活動を通して、
目には見えないけれども大切な価値を、
国内外に生みだしていきたいと願っています。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました

(川島)

******************************


「あなたの”想い”で選べる募金/啓発」に寄付をする  
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_edification.html


******************************

<たとえば、あなたの支援でこんなことができます>
  
5,000のご寄付で
テラ・ルネッサンスの活動内容がわかるマンガ冊子、
11ページ分の翻訳作業ができます。
  
10,000のご寄付で
テラ・ルネッサンスの活動内容がわかるマンガ冊子、
22ページ分の翻訳作業ができます。(約0.5話分)
  
30,000のご寄付で
テラ・ルネッサンスの活動内容がわかるマンガ冊子、
33ページ分の翻訳作業ができます。(約2話分)  

 
*クレジットで寄付をする
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
*銀行振込で寄付をする
https://www.terra-r.jp/member/ginkou-form.html
 
※ 寄付の申込みページ内にある 寄付指定 の項目を、
【 啓発・政策提言 】で選択のうえ、お申込みください。

※寄付は税控除の対象になります。
----------------------------------------------------------------------
 
< 地域別募金 啓発 進捗状況(※ 2/15 時点)>
- 期間:2月28日(火)までです!-
15周年を機に、海外でも
世界平和を実現するための共感を広めたい
 
・目標金額:1,000,000 円
・寄付総額:16,8000 円
・寄付者数:8 名
・達成率 :16 %
・残り日数:13 日
 
記事投稿/
啓発チーム
フェローシップ 川島

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


アマホロハニーで地域に平和を

皆さま、こんにちは^^
インターンの岡崎です!

引き続き、「あなたの"想い"で選べる募金/アフリカ」として、新着情報をお届けいたします!
今回は、ブルンジ共和国!


IMG_2445.jpg

大自然の緑広がる、和やかな印象のブルンジ共和国。
しかし、この美しい景色とは裏腹に、実はブルンジは「世界で最も貧しい国」と言われています。

1993年より続いた紛争の影響で、命を奪われた人の数は、約30万人。また、紛争後も国民のほとんどが一日1 ドル以下の暮らしを余儀なくされており、1000 人中142 人の子どもが5 歳まで生きられない状況にあります。



テラ・ルネッサンスは、その中でも紛争の激戦区であったムランビヤ県キガンダにて、2013年より、紛争被害者や最貧困層の人々を対象に、自立するための社会復帰支援を始めました。


その一つとして、本日ご紹介するのが、、、

---------------------------------------

ブルンジ養蜂プロジェクト

---------------------------------------


ブルンジとハチミツ?なんの関係が?なんて疑問に思われるでしょう。

実は、ブルンジでは昔からハチミツがよく採れ、薬として重宝されてきたのです。
「じゃあ、その土地にあるハチミツを活かしてビジネスを始めよう!」

”ないものを探すのではなく、あるものを活かす”
テラ・ルネッサンスが設立当初より大切にしている視点です。


IMG_0016_20170218191455e63.jpg



そして、採取したハチミツがこちら!

私たちの誇りである豊かな自然の中で、ハチミツを生産し続ける。
それが、平和の証へとなるように。

そんな村人たちの想いをのせ、このハチミツは、「平和」を意味する「アマホロハニー」と名付けられました!


初年度(2015年)は、技術の習得を。
収入などの経済的な状況や家族構成を考慮し、より支援の優先度が高い58名の受益者に養蜂に必要な知識やスキルを習得してもらいました。

2年目は(2016年度)生産拡大に向けた様々な取り組みを。
ハチミツの生産量から得られる収入額の計算の講義や演習を行い、生産性を上げることの重要性を理解してもらったり、グループごとにハチミツの生産活動を始めたり。最初は、なかなか蜂が巣箱に定着せず、十分なハチミツが採れなかったものの、少しずつ巣箱を増やし、試行錯誤を重ねていくうちに、蜂が定着し、群も大きくなりました。また、突風で巣箱の上に設置している屋根が飛ばされたりしましたが、皆で協力して再建しました。


さらに、2年目は、より魅力的な商品になるよう、パッケージに新たな命を吹き込みました
こちらも、地域住民とともに、どんなデザインが魅力的かを話し合うワークショップを通して、完成したものです!

IMG_2955.jpg
(NEW アマホロハニーとその完成を喜ぶ子ども達)


IMG_2737.jpg
(採蜜し終えたハチミツをビンにうつす受益者たち)


現在は、来年度以降にコミュニティービジネスとして成り立つよう、製品準備や販売実習を行なっています。


ブルンジの土地に古くから根付いてきたハチミツが、
地元の人の手によって生産され、
コミュニティーの人々の生活を豊かにする。



と同時に、


紛争で心身ともに傷ついた人々が、
技術や自信を得ることで生きる希望をとりもどし、
地域に、人々の心に、再び平和がもどる。



アマホロハニーには、そんな村の人の希望が詰まっているのです。


IMG_2940.jpg


これまで、苦労の壁にぶつかっても自ら問題を解決し乗り越え、デザインやハニーの名前も主体となって考えてきた受益者たちや村人たち。


彼ら彼女らが、自分自身のため、未来のブルンジのために、懸命になって目の前のことに取り組んでいるからこそ、私たちもできる限りのことをしたい。

いま、あなたのご支援や応援が大きな力になります。


キャンペーン終了まであと10日。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします!!



(おかざき)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 
▼ 「あなたの"想い”で選べる募金/アフリカ」に寄付をする
 
紛争によって未来を奪われた元子ども兵、
自立のための社会復帰支援を届けたい
 
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_africa.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

5,000円で、
1人の元子ども兵に対して、約2週間分の職業訓練を支援できます。

10,000円で、
元子ども兵社会復帰センターで、100食分の給食を支援できます。

30,000円で、
元子ども兵2名へ、洋裁のビジネスを始めるために必要なミシンなどの道具一式を支援できます。


▼「あなたの"想い”で選べる募金/アフリカ」に寄付をする
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_africa.html
 

*クレジットで寄付をする
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
*銀行振込で寄付をする
https://www.terra-r.jp/member/ginkou-form.html
 
※ 寄付の申込みページ内にある 寄付指定 の項目を、
【 アフリカ 】で選択のうえ、お申込みください。


※寄付は税控除の対象になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 地域別募金 アフリカ 進捗状況(※ 2/18 時点)>
- 期間:2月28日(火)まで!-

紛争によって未来を奪われた元子ども兵、
自立のための社会復帰支援を届けたい
 
・目標金額:2,000,000 円
・寄付総額:314,960 円
・寄付者数:19 名
・達成率 :16 %
残り日数:10 日
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


義足をもらって・・・楽になった

こんにちは、辻本です^^

あなたの想いで地域をえらんで募金するしくみ。
引き続き、カンボジアの様子をお伝えしていきます!

◇◆◇ アジア 特設ページはコチラ ◇◆◇
>> http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_ajia.html



S_5655948661676(2).jpg


1月、カンボジアを訪れた際に最初に話をうかがった、
地雷被害者の女性、ヨート・イェトさん。

子どものころに片足を失いました。


・・・


「義足をもらってから、歩けるようにもなったし、
家族を支えられるようになって、精神的に楽になった。」

彼女の話の中で一番印象的だった言葉です。


「足を失った、自分が一番辛いと思うのですが、、、
それよりも家族の役に立てないのが辛かったのですか?」


と訊く私に、


「家族の役に立てず、ただいるのは苦しい。
死んでしまいたいと思ったこともある。
だから、支えられるようになると楽になるんです。」


と、話していました。


DSC_0946.jpg



地雷の事故にあったのは、彼女が14歳のころ。
新しく田んぼを開拓しに行こうと歩いていたとき、
「ボンッ!!」という音とともに、目の前に土が吹き飛んできた。



何が起きたのかわからなかった。
足を見ると、無かった。


意識を失い、病院で目が覚めたときには、
足が切断されていた。



その後は学校にも行かず、働きに出る母親の代わりにご飯をつくるなど、家にいることが多かったと言います。今と違い、義足もなかなか手に入らない時代。道もわるく、それに、恥ずかしかったのだと。

地雷の埋設密度が世界一と言われているカンボジア。被害にあって障害を負う人はもちろん少なくありません。そんな国にも、障害のある人への差別や偏見は存在する。義足を得たあとも、自分よりも年下の子ばかりの教室に混じって授業を受けるのは恥ずかしく、学校には行けなかったそうです。


5-2.jpg


話をきいているあいだ、何度も、
「スキルアップをしたい」と口にしていました。


「学校に通えなかったから?」と訊くと


「それはもちろんある。
それに、前はご飯を作るだけだった。

自分ができることが増えると、
次の世代の人にも伝えることができるから。」



DSC_0209.jpg


イェトさんには、まだ幼い息子さんがいます。そして実は、現在、テラ・ルネッサンスのカンボジア事務所で会計担当スタッフとして一緒に活動をしています。

テラ・ルネッサンスの10周年イベントの際、日本を訪れたこともあります。そこで、何度か自殺未遂を繰り返したイベント参加者の女性と話をしたそうです。その女性は、イェトさんと話したことで少し気持ちが楽になったとのこと。


最後に、日本のみなさんへメッセージをもらいました。

・・・・・・


日本にもいろんな困難がある。
でも、死んでしまったらそこで終わり。

私が辛い思いをしていたとき、
声をかけて、支えてくれた人のように

困難を、乗り越えるわけではないかもしれないけど、
生きてほしいと伝えたい。


・・・・・・



彼女の話をきいて、地雷で奪われるのは身体の一部だけではないのだとあらためて感じました。

一方で、傷が完全に癒えることはなかったとしても、困難を経験し、立ち直った人々が持つ、人の気持ちに寄り添える力の大きさと、彼ら彼女らの尊さを感じました。(もちろん何かができるからではなく、それぞれの存在が尊いものだと思います。)


S_5655948696118.jpg


一人でも多く、少しでも早く、
けれど焦らず、着実に社会が平和へと向かうように、
私たちは活動しています。


テラ・ルネッサンスのアジア地域での活動を続けるために、
いま、150万円の資金が必要です。

お一人お一人の無理のない範囲でのご支援を、
何卒、お願い申し上げます。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

地雷原の村で貧困の悪循環を断ち、
子どもたちの未来をひらきたい

 
たとえば・・・
 
■ 5,000円で
家庭菜園用の野菜の種や苗木
2種類100家族分を支援できます。
 
■ 10,000円で
貧困層の子どもたちへ、
1ヶ月分の補習授業費20人分を支援できます。
 
■ 30,000円で
ヤギの飼育を始めるための子ヤギ
2頭分の購入費用を支援できます。
 
・・・

◇◆◇アジア地域に寄付をする◇◆◇
 
▶クレジットの方はこちら(寄付申込ページに移動します)
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
▶銀行振込の方はこちら(寄付申込ページに移動します)
https://www.terra-r.jp/member/ginkou-form.html
 

※ 寄付の申込みページ内にある 寄付指定 の項目を、
【 アジア 】で選択のうえ、お申込みください。
 
ーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーー
 
< 地域別募金 アジア‐進捗状況(※ 2/16時点)>
- 期間:2月28日(火)までです!-
 
地雷原の村で貧困の悪循環を断ち、
子どもたちの未来をひらきたい
 
・目標金額:1,500,000 円
・寄付総額:247,000 円
・寄付者数:16 名
・達成率 :16 %
・残り日数:12 日
  
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク