シリーズ現場最前線*09/ドライバー:サロン

ドライバー/サロン


現場最前線〜支援の先に〜


先週ご紹介したテラルネ 2号を運転するウィーとともに

ドライバーとしてプロジェクトを支える縁の下の力持ちサロンをご紹介します。

サロンもドライバーとしてテラ・ルネッサンスに着任する以前は、農業や運搬業務を担っていました。

長身でパワフルな彼が運転する「テラルネ 1号」もまたパワフル。

たくさんの荷物を積んで、毎日豪快にあらゆる道路を突き進みます。


(村で子ども達に大人気のテラルネ 1号と延岡駐在員(駐車中))

(畑を手伝うサロンとウィーの姿 長身から振り下ろす鍬づかいにはパワーがあります)


ドライバーの品格

人一倍、気配りができる彼は状況判断能力がズバ抜けています。

荷物の上げ下ろしや持ち運びが大変なものがあるとき、ヘルプのアイコンタクトすら必要なく、気がついた時には既に目の前にいてくれます。”困ったな”と思う瞬間すら与えずに運んでくれています。

また、長丁場を予感したときはイスを用意したり、水を配布するなど、目配りに余念がありません。これらは些細なことに感じられますが、日が昇っている時間のほとんどを野外での活動にあてているスタッフたちにとって非常に重要な役割を担っています。

(ある日のテラルネ 1号とサロン)


些細なことの積み重ねが疲労やストレスにも繋がるため、彼がきめ細かくアシストしてくれるおかげで、パフォーマンスの維持/向上や健康管理に大きく貢献しています。

(風でなびく紙を押さえる様子)


そのことについて尋ねると、


「ドライバーはアシスタントも兼ねているし、プロジェクトが円滑に進むよう支えるのは当然だから、別に褒められたことじゃないさ。スタッフたちが気持ちよくプロジェクトを遂行できるよう努めることが俺にできることのひとつだと思う。普段から注意深く動きをみるのはドライバーとしてのポリシーかな。」


とクールな答えがかえってきました。

サロンは、いわゆる”THE 男”というタイプの男性だと思っています。


サロンがハンドルを握っている時の安心感の秘密はここにあるのだと改めて気づきました。

誰にでもできるようでいて、彼にしかできないクオリティを持ち合わせます。

こりゃあ、カンボジア女性にモテるわけです。



豪快さを裏打ちする繊細なクオリティ


「パワフルな車だけど、やっぱり豪快に走り抜けるのが好き?」と尋ねると


「そんなことないよ。舗装されていない村落の運転には繊細な技術がいる。乱暴な運転をすると道や車が痛むし、動物たちも驚くからね。」とひと言。



ヒトやイヌ以上に(道路や車や)アヒルの親子に親切なドライバーたち。


もちろん、ヒトやイヌの安全を保って運転するけれど、それ以上に、アヒルの親子や未舗装の道路、車など自力では避けられないものには、より慎重に気を使うそうです。


豪快で力強くありながら、繊細さを欠きません。


こりゃあ、カンボジア女性にモテるはずですね。(2度目)


ちなみに「パートナーと車どっちが好き?」と冗談半分で尋ねてみると、

「どちちも同じくらい大好き」とのこと。


こりゃあ、カンボジア女性も愛想を尽かすパターンですね(笑)



「日本では愛車を溺愛しすぎてパートナーが愛想を尽かす例があるから、そこはパートナーって言った方がいいかも」と伝えると「もちろん!そうするよ」と笑っていました。


どちらも大切だから、「組織や家族にとって最高のドライバーでありたい」といいます。



今日もテラルネ 1号はサロンとともにあらゆるものを積み、プロジェクトの基礎を支えます。


思いを行動に移し、活動し続けているカンボジアスタッフの活動を是非みなさんで応援してください!

記事執筆/

インターン 佐野 光平 

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【 アフリカレポート/ 2017年12月_Topics.02 】 ブルンジの受益者が手がける商品 、初のイベント出店!!

【 アフリカレポート/ 2017年12月_Topics.02 】

ブルンジの受益者が手がける商品 、初のイベント出店!!


ブルンジの観光庁が首都ブジュンブラで毎年開催しているクリスマスマーケットに、テラ・ルネッサンスの受益者である、養蜂・窯業グループも出店しました!


ひょんな首都のカフェでの出会いから、具体的に決まったクリスマスマーケットの出店。

直前まで本当に開催されるのか不安も抱えながら(笑)、受益者たちもこの日に向けて、急ピッチで準備を進めました。

    

【ブース担当者を決める選挙の様子】                          【制作の様子】


少し予定より遅れて、12月21日から25日まで続いた、クリスマスマーケット。

約20の出店者がいる中、養蜂・窯業のグループ代表者がそれぞれブースでスタンバイ。


       

   【養蜂グループのブースの様子】   【窯業グループのブースの様子】 

途中、観光庁の副長官が当会のブースを訪問し、プロジェクトの説明に熱心に耳を傾けてくれ、様々な質問をしてくださいました。


             

【観光庁の副長官訪問の様子】        【ブースの様子】


そして、気になる売れ行きは・・・?


・・・・・・・・・・・・


まずは養蜂グループ、

\持っていったアマホロハニー111瓶、3日目で全て完売しました!!/

その売り上げは、269,000ブルンジフラン(約17,000円)。

更には、ブース訪問者に渡した名刺にある電話番号には、「蜂蜜が欲しい」と今も電話がかかってくるそう!


           【アマホロハニー】


味は間違いなく問題なしですが、問題は生産量。

前回は気候や周囲の環境など様々な要因から収穫量が伸びませんでしたが、需要があることが十分に分かったので、次回はもう少し生産量をあげられるよう、受益者たちも俄然やる気に満ちています。


一方、窯業グループに関しては、持っていった陶器の約3分の1が売れ、33,000ブルンジフラン(約2,100円)の売上が得られました!

陶器の販売に関しては、初めての試みで完売とはなりませんでしたが、重さや釉薬が剥がれないかという心配など、今後の改善に繋げていくのに必要な顧客の声も聞くことが出来ました。


                   【製作した陶器】


また、ディスプレイした煉瓦やタイルなどを見たブース訪問者と具体的な販売価格などの話を進めることが出来、実際、ブース訪問者から後日問い合わせがあり、8,000個のレンガが売れました!!


中々これまで、活動地域以外で受益者が直接販売する機会がなかったのですが、

今回クリスマスマーケットに参加したことで、受益者もニーズがあることが分かりやる気が上がったほか、この過程の中で売れる値段設定のやり方や顧客との繋がり作りなど、少しずつビジネスのノウハウも身についてきました。


また、このクリスマスマーケット開催中は、現地駐在の私や小川が日本に一時帰国していたため、現地スタッフだけで進めてもらいました。

現地スタッフがそれぞれオーナーシップを持って進めていってくれたことも、とても嬉しく、私にとって嬉しいクリスマスプレゼントになりました!


ブースでは受益者が一生懸命商品を宣伝するなど、受益者の主体性も徐々に見られ、このプロジェクトが目指す「自立」に向けて一歩一歩、確実に進めて行くことができるよう、私たちも引き続き伴走して行きます!

・・・・・・・・・・・・・・ 記事執筆/ アフリカ事業サブマネージャー 古岡 繭

..:+:......:+:......:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:.. 

テラ・ルネッサンスでは現在冬季募金キャンペーンを 行なっております。
私たちの活動を応援してくれる方は下記のURLより ご寄付を受け付けております。  

▼ 冬季募金特設ページはこちら 
 http://www.terra-r.jp/tokibokin2017.html 

▼ 冬季募金・進捗状況(2018.01.26時点)  
  実施期間:12/1(金) 〜 1/31(水)  
  必要金額:8,000,000円  
  実績金額:5,403,190円  
  達成率 :67%  

【 あと、約 260万円が必要です 】 

▼ いますぐ ご寄付いただけます  
  https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html

...:+:......:+:......:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:..   

< あなたのご支援でこんなことができます >
 *1,000円で、
  ブルンジにて最貧困層の子どもへ伝統ダンス教室を1ヶ月間行うことができます。
 * 3,000円のご寄付で、 
  ブルンジにて最貧困層の住民1名に養蜂用の防具服を提供することができます。
 * 5,000円で、
   ブルンジにて最貧困層の住民1名に養蜂を始めるための用具一式をプレゼントすることができます。

 ▼ いますぐ寄付をして、冬季募金に協力する
  https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html

--.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-- 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


シリーズ現場最前線*02/ウガンダ事務所事務所長ジミー

元子ども兵の自立を支える事務所長ジミー

 

ウガンダの事務所長、ジミーにお話しを聞きました!

 


ウガンダの元子ども兵社会復帰センターの所長として、現場での事業運営を行っているオテマ・ジミー

ウガンダでは日本と違って、ゆっくりと、大まかに仕事が進むことが多いのですが、10年以上テラ・ルネッサンスで働いてきた彼の仕事への責任感、真面目さは日本人と引けを取らず、その熱意とともに現場の事業に欠かせないスタッフです。

 


 

IMG_1018@.jpg 


 IMG_1119@.jpg


*ジミーがこれまでのことを話してくれました。


現在35歳のジミーは、ウガンダに生まれ、激しい紛争の時代を生き抜いてきました。

出身地の小学校は、武装勢力の襲撃を受けて閉鎖。教育を受けるため北部のグル市内へ移動しました。弟や妹の面倒を見ながら平日は市内で教育を受け、週末は、片道18km離れた村に歩いて帰り、帰りは自炊するための炭を担いで帰るという生活を続け約10年。市内で高校を卒業して、服飾デザインの技術を身につけ、洋裁店で働きはじめ、食費や教育など、家族を支えるようになりました。

 

その後、2006年からテラ・ルネッサンスで元子ども兵に服飾デザインを教え始め、その真面目で向上心のある性格から、現場の運営を徐々に任され、2011年から現地代表として日々スタッフを取りまとめ、現場事業の運営・管理を行っています。



この10年で感じてきたことは?


「元子ども兵のことを、初めは『暴力的な人たち』だと思っている部分がありました。

でも彼らは、他の(元子ども兵でない)人よりもずっと、規律を守り、人を尊敬できます。精神的・身体的に傷を負っていたり困難があったとしても、それに適応して、自分の人生を変化させていきました。少年兵・少女兵だった訓練生を見て、『どんな人でも、自分の人生を変えて、未来を切り開くことができる』と思うようになりました。」

 

IMG_1029@.jpg 

 

「子ども時代に誘拐され、小学校を卒業できなかった彼ら彼女たちは、最初は読み書き・算数、木工大工や洋裁のスキルや知識が全くない状態から、それを身につけ、ビジネスを始め、収入を得て自立できるようになっています。本当に驚くべき変化です。


 

IMG_1057@.jpg 

 

「人とのコミュニケーションや問題を解決する力を身につけていく様子も実際に見てきました。私たちは平和教育を行っているのですが、そこでは彼らは、『村で問題があったけど、ここで学んだように、暴力を使わない、対話での問題解決を試み、問題を解決できました』ということを語ってくれるのです。」

 

IMG_1095@.jpg


IMG_1119@_20180129090432398.jpg


ジミーにとって平和とは?


平和とは、どんな人でも、全ての人が平等に享受できるべきものだと思います。どんな人でも、人として生きていくための食べ物があり、衣服・家、水があり、教育や医療を受けられる社会をつくっていきたいです。」

 

私(鈴鹿)と歳が一緒のジミー。私自身、日本で育ってきて、自分の家が燃やされる、襲撃される、子どもだと誘拐され兵士として戦わされるなど想像もせず生きてきました。今日、明日生きられるか分からない状態で、それでもジミー自身が未来を切り開いて、今は元子ども兵を日々支えている様子を見て、頼もしく、心から尊敬するスタッフです。

 

…………………………………………………………………………………………

記事執筆/

アフリカ事業マネージャー

鈴鹿達二郎


テラ・ルネッサンスでは、冬季募金キャンペーン2017を行っています。

1/31までに、あと260円】必要です。(12/27時点

 

是非、現地スタッフの活動をあなたのご支援で応援してください!

 ▼冬季募金キャンペーンはこちら▼

http://www.terra-r.jp/tokibokin2017.html

 

 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、

ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。

5,000円の寄付で、

ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます

10,000円の寄付で、

カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

□ 30,000円の寄付で、

今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

  寄付は税控除の対象になります。

 …………………………………………………………………………………………

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【 アフリカレポート/ 2017年12月_Topics.01 】 自立支援センターでの卒業式

【 アフリカレポート/ 2017年12月_Topics.01 】
自立支援センターでの卒業式


ウガンダ北部では20年にわたる紛争により、子どもたちが武装勢力によって誘拐され、「子ども兵」として戦わされてきました。テラ・ルネッサンスでは、帰還した元子ども兵の社会復帰をサポートしています。

今回は、7期生として社会復帰プログラムを受け、自立を果たした元子ども兵の方たちの卒業式の様子を紹介します!
3年間、職業訓練とビジネス訓練に励んできた元子ども兵の人たちは、それぞれの場所で、洋裁店・木工大工の店舗で働き自立した生活を送っています。

式のスピーチで卒業生が話をしてくれました。
「帰還した後、周囲からは役に立たないと言われ、自分は価値がないんだと思いながら過ごしていました。ですが洋裁や読み書き、ビジネスを行う方法を学んで、洋裁店を持ち、家族を支えられるようになりました。
また技術を学びたいという近所の人たちから求められて、洋裁教室も運営しています。
将来の夢は、子どもたちが学校の先生やお医者さんになってほしいです。また一人は私のお店を継いでもらいたいです。」

IMG_4870@.jpg

【スタッフからお祝いを受け取る卒業生】

IMG_4488@.jpg

【センターでの卒業式】
IMG_4401@ (1)

【7期生同士、久しぶりの再会を喜んでいました】

IMG_4438@.jpg

【子どもを抱く卒業生】

IMG_4431@.jpg

【このガウンもセンターで縫製したものです】
IMG_4359@.jpg

【卒業式の記念写真】


現在センターで訓練を受けている9期生にとって、
卒業生を見て、今後の自立した姿や生活をイメージする機会になったと思います。

今回、卒業生の姿を見て、困難がある中でも
自立する環境を整えていくことで、
一人ひとりが「未来をつくる力」を発揮できるのだと感じました。
..................................

記事執筆/
アフリカ事業マネージャー
鈴鹿 達二郎
 

...:+:......:+:......:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:..

テラ・ルネッサンスでは現在冬季募金キャンペーンを 行なっております。
私たちの活動を応援してくれる方は下記のURLより ご寄付を受け付けております。  

▼ 冬季募金特設ページはこちら
 http://www.terra-r.jp/tokibokin2017.html

▼ 冬季募金・進捗状況(2018.01.26時点)  
  実施期間:12/1(金) 〜 1/31(水)  
  必要金額:8,000,000円  
  実績金額:5,403,190円  
  達成率 :67%  

【 あと、約 260万円が必要です 】

▼ いますぐ ご寄付いただけます  
  https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html

...:+:......:+:......:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:..  

< あなたのご支援でこんなことができます >
 *1,000円で、
  ブルンジにて最貧困層の子どもへ
  伝統ダンス教室を1ヶ月間行うことができます。
 * 3,000円のご寄付で、
  ブルンジにて最貧困層の住民1名に
  養蜂用の防具服を提供することができます。
 * 5,000円で、
   ブルンジにて最貧困層の住民1名に
  養蜂を始めるための用具一式を
  プレゼントすることができます。

 ▼ いますぐ寄付をして、冬季募金に協力する
  https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html

--.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.--

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


冬季募金インターン企画  \テラルネスタッフの2018年目標・抱負を紹介しちゃいます*06/




テラルネにいるスタッフ・インターンは
とても個性豊かです。

そんな仲間をもっと紹介したいと思い、
インターンの河村と津田でインタビューを行い、
2018年の抱負とともにみなさまにお伝えします!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


記念すべく第6弾は
2017年4月末から9ヶ月、アジア事業にて
サブマネージャーを勤めている
延岡 由規(のぶおか ゆうき)です。


Nobeoka_10


もともとテラルネでインターンをしていて、
2017年に大学を卒業すると同時に新卒で NGOに
務めるという国際協力に興味のある学生なら
羨ましくなるような職とポジションをゲットした延岡ですが、
彼は簡単にここまできたのではありません。

自分でチャンスを掴んだのです。

そんな延岡にインターンの河村が
突撃インタビューしてみました!



*2017年からテラルネ職員としてカンボジアで働いて感じたこと?

日本の人との繋がりは改めて感じさせられた。

京都事務局にいる職員やインターン生が
たくさんの人と接触をはかり、
それによって心を動かされた人たちの想いが
“寄付”として自分やカンボジアにいる人たちの元へ届く。

だからこそ、責任は感じる。
そしてその想いをカンボジアに伝えなければ!
という使命に駆られる。

テラルネのファンクラブ会員は
月次1000円からの寄付を受け付けていて、
それは一見、世界を変えるには少ない金額に
思えるかもしれないがカンボジアにとっては大きな一歩。




*カンボジアにいて常に意識していることはありますか?

日本のみなさんに伝えていただいた想いの丈を返すこと。
その手段としてやっているのが『発信に力を入れる』こと。

現地のリアルを伝えるために講演に参加させていただいたり、
イベントを開催して普段自分がしていることや
感じていることを多くの人に伝えている。
そして写真が好きなので、普段色々撮ってます。笑

お金の使い方は結構変わって、どうせ買うなら
地球に良いものを買うように意識をしている。

逆に今まではモノが多い生活をしていたが、
今はモノに対する価値観が変わり、
「それは必要かどうか?」
「必要なモノに対してどういうものを選ぶか?」を
自問自答している。

例えば歯磨き粉に入っている成分の
「スクラブ(マイクロビーズ)」と
呼ばれるものは水に解けない。
あるいは、歯磨き粉や洗剤に含まれている
界面活性剤が分解されずに海に流れてしまう。
水質が汚染されていくのはもちろんだし、
それらを水生生物が摂取してしまうと
ほぼ分解されない状態でまわりまわって
人の食にまで影響してくる。

この流れを屋久島で生活している時に知り、
今は購買行動するときは成分を調べたりと
世界の生きものや環境に良いモノを買うようになった。



*2018年の抱負を教えてください!

2017年は「始」まりの年だった。
4月からはカンボジア駐在員という理想の道が始まり、
それと同時にJICA草の根技術協力事業のプロジェクトや
新しいことにチャレンジしてきました。

そして今年の抱負は「改」める年。
改めることはある種既存のものを否定すると
思っていたけど「正しいかどうか調べて吟味する」視点に
立ってみると、それは破壊的な行動ではなく、
むしろ建設的な行為だと理解できた。

なので今年は全て改める!
自分自身、消費行動や発信に対しても。
どこかでアップデートしないと凝り固まってしまい、
一向に質が上がらないからね。

テラルネもウガンダの北部で事業を始めて12年、、、
一つのとこで質を上げていって活動し続ける。

いかに本当に大事なものを見極めて、
どんどんアップデートするかが大切だと思う。


延岡のブログにはさらに具体的なことが書かれているので是非みてください!
>>>http://www.yukinobuoka.com/entry/beginning/2018



*延岡さんが撮る写真は本当に素敵なものばかりですが、何かテクニックなどがあるのですか?


正直言って、ない!笑

でも常に自然体でいることは大切かな〜。

写真はコミュニケーションの一種だと思っていて。
撮影者・被撮影者の関係を飛び越えて
撮影することを意識している。

いかに、相手が発しているメッセージを受け取るか。
それが目に見える表情かもしれないし、
言葉による会話かもしれない。
あるいは、目に見えない「想い」かもしれない。


人が好きだからコミュニケーションは大事だし、
こちらが笑顔で接すると、相手も自然と笑顔になる。


信頼関係を築くのに時間がかからない時もある。


Nobuoka_01
撮られちゃった〜


Nobeoka_02
バイク5人乗り!笑 座ってるだけだから大丈夫!



*冬季募金のテーマは”一緒に”ですが、普段カンボジアでは誰と一緒にいることが多いですか?

クンチャイ!
(クンチャイについて詳しくはこちら→http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2915.html
主に仕事で一緒にいることが多くて毎朝・昼食後にコーヒーを飲む。

フィールドの時に行った時も通訳してカンボジアの人との
コミュニケーションを手伝ってもらってる。

村を回って、小学校へ行って、どんな感じか
聞いたりすることが仕事の一部であるから必然的に一緒にいることになる。

クンチャイ(49)はテラルネで働いて12年目。
支援を始めた時の村の様子や当時の様子などを聞ける。
村の人達にスって寄り添う姿勢とか勉強になる。

クンチャイには2人の子供がいて長女が実は僕と同い年。
だから僕のことを本当の息子のように気遣ってくれるし、
僕もクンチャイはビジネスパートナーっていうよりも
家族のように思っている。


Nobeoka_7
本当に親子と思わせるような1シーン。奥:延岡 手前:クンチャイ



*インターン河村からみた延岡由規とは.......

大樹みたいな人。

大樹は日陰を作って生き物を癒したり、
強風から他の植物を守ったり、
周りにいる生命を守っているような存在。

そして延岡さんは一緒にいると落ち着くというか、
周りに気がつけば人が集まってる印象があります。

そして大の子供好き!!!!
年末に一時帰国した時も姪の写真をたくさん見せられました。笑


カンボジアの子供達と戯れる延岡

何よりも、延岡さんが撮る写真は本当に素敵で、
ファンを作ってしまう程なんです。
こないだはお手紙まできていました。

人が好きで、人に好かれる。
素敵なことですね。

たいていの人も友人関係や恋人関係においてそうだと思うのですが、
延岡さんは別格なような気がします。

一つだけ言うなれば、甘いものばかり食べてないで、
ちゃんとご飯を食べて欲しいです。笑

唯一食に関しては興味がないらしく、
全然摂取してるところを見ていません。

たくさん食べて、ファンの人たちのために長生きしてください。


Nobuoka_9
子供に愛される延岡



延岡の素敵な写真がもっと見たい方はこちら!

▼インスタグラム
https://www.instagram.com/yuki_nobuoka/

▼ツイッター
https://twitter.com/yuki_nobuoka


....................................
記事執筆/
京都事務局インターン
河村 帆乃




...:+:......:+:......:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:..

テラ・ルネッサンスでは現在冬季募金キャンペーンを行なっております。

私たちの活動を応援してくれる方は下記のURLより
ご寄付を受け付けております。

 ▼ 冬季募金特設ページはこちら
   https://goo.gl/Yn1YGu

 ▼ 冬季募金・進捗状況(2018.01.26時点)
   実施期間:12/1(金) 〜 1/31(水)

   必要金額:8,000,000円
   実績金額:5,403,190円
   達成率 :67%

  【 あと、約 260万円が必要です 】

 ▼ いますぐ ご寄付いただけます
   https://goo.gl/pkG5DN

...:+:......:+:......:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:.....:+:..

 
--.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.--

 < あなたのご支援でこんなことができます >

 *1,000円で、
  カンボジアにて地雷被害者の子どもへの
  奨学制度による制服代1着を寄付できます。

 * 3,000円のご寄付で、
  カンボジアにて地雷被害者家族へ
  ハリナシミツバチの養蜂巣箱1箱を
  支援できます。

 * 5,000円で、
   カンボジアにて元地雷原の公立の
   小学校がないコミュニティに住む
最貧困層の子どもたちの先生の
給料15日分を寄付できます。

 ▼ いますぐ寄付をして、冬季募金に協力する
   https://goo.gl/pkG5DN

--.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.-----.*.--

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク